堀池秀人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀池秀人
Hideto Horiike.jpg
堀池秀人(右)
生誕 1949年(昭和24年)9月1日
日本の旗 日本長崎県
死没 (2015-06-19) 2015年6月19日(65歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京理科大学
東京大学
職業 建築家
受賞 米国建築家協会(AIA)賞(1990年・1991年)
日本建築士会連合会賞優秀賞(1997年)
デダロ・ミノス国際建築賞グランプリ(2002年)
日本建築家協会賞(2005年)
所属 堀池秀人アトリエ
建築物 白石市文化体育活動センター(CUBE)
白石市福祉の里
眼科医の週末住居

堀池 秀人(ほりいけ ひでと、1949年9月1日 - 2015年6月19日)は、日本の建築家都市計画家。堀池秀人都市・建築研究所、堀池秀人アトリエを主宰。前衛的な建築を行うことで有名。

経歴[編集]

長崎県長崎市生まれ。長崎県立長崎東高等学校東京理科大学工学部卒業。東京大学大学院博士課程(都市工学専攻)修了。

1996年フリーアナウンサー南美希子と結婚。翌1997年に一児をもうける(このとき夫人は40歳を越えており高齢出産として話題となった)。子育て参加を積極的に行っていることをマスコミに報道され、理想の父親像としても知られていたが、2013年9月に離婚[1]2015年6月19日に65歳で死去した。

役職[編集]

受賞[編集]

  • 1990年 - 米国建築家協会(AIA)賞、米国アーバンデザイン・ゴールデン・エッグ賞[2]
  • 1991年 - 米国建築家協会(AIA)賞、米国ナショナルトラスト協会国家歴史環境保全名誉賞[2]
  • 1997年 - 日本建築士会連合会賞優秀賞、建築業協会(BCS)賞[2]
  • 1998年 - 日本建築学会東北建築賞[2]
  • 1999年 - マーブル・アーキテクチュラル賞(イタリア)、JCDデザイン賞(ケン・ヤング賞)[2]
  • 2002年 - デダロ・ミノス国際建築賞グランプリ、JCDデザイン賞(奨励賞)[2]
  • 2004年 - 日本建築学会作品選奨、医療福祉建築賞[2]
  • 2005年 - 日本建築家協会賞[4]

著書[編集]

  • 『生き方を創る『設計図』』(1997年)
  • 『建築バイリンガルノート』(1999年)
  • 『男語おんな語翻訳指南』(2005年)
  • 『まちの遺伝子―「まちづくり」を叱る』(2008年)

脚注[編集]