吉岡賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉岡賞(よしおかしょう)は、建築家登竜門と呼ばれる新人賞。

概要[編集]

1987年に吉岡賞として創設。2008年度、新建築賞へと改称されたが、2013年度より吉岡賞へと再改称された。建築雑誌『新建築住宅特集』の新人賞として、住宅作品を通して建築設計の新たな展開に大きな可能性を感じさせる新人の奨励のために、その作品の設計者を表彰する賞である。名称の由来は、『新建築』の創刊者である吉岡保五郎の名である。

歴代受賞作品・受賞者[編集]

受賞回 作品名 受賞者
第34回(2018年 桃山ハウス 中川エリカ
第33回(2017年 houseT/salonT 木村吉成松本尚子/木村松本建築設計事務所
第32回(2016年 リビングプール 増田信吾大坪克亘
第31回(2015年 食堂付きアパート 仲俊治宇野悠里/仲建築設計スタジオ
第30回(2014年 富塚の天井 403architecture
(彌田徹辻琢磨橋本健史)
第29回(2013年 かみのきの家 杉下均
六甲の住居 島田陽
第28回(2012年 二重螺旋の家 大西麻貴+百田有希
Small House 畝森泰行
第27回(2011年 マイナスKハウス 佐伯聡子K.M.Tan
地中の棲処 末光弘和末光陽子
第26回(2010年 house I 宮晶子
HOUSE C 地層の家 中村拓志
第25回(2009年 HI-ROOMS 明大前A/路線際の長屋 若松均
カタガラスの家 武井誠鍋島千恵
第24回(2008年 アパートメントI 乾久美子
桜台の住宅 長谷川豪
第23回(2007年 2004 中山英之名和研二
オモヤ・ハナレ 垣内光司下山聡
第22回(2006年 阿佐谷南の家 小川広次
ドリフト SUPER-OS
第21回(2005年 0/8 有馬裕之
MESH 千葉学
第20回(2004年 BLOC 米田明
此花の長床 中村勇大
第19回(2003年 矩形の森 五十嵐淳
エアー・ハウス 三分一博志
第18回(2002年 屋根の家 手塚貴晴+手塚由比
牛久のギャラリー 堀部安嗣
第17回(2001年 仙川の住宅 佐藤光彦
slash(富士北麓の家) 岡田哲史
第16回(2000年 ミニ・ハウス 塚本由晴貝島桃代アトリエ・ワン
ナチュラルシェルター 遠藤政樹池田昌弘
第15回(1999年 久住章のゲストハウス2 久住章+淡路島ワークショップ
ウィークエンドハウス 西沢立衛
第14回(1998年 遠ざかる家 FRAGMENTS IV 板屋リョク
読売メディア・ミヤギ・ゲストハウス 阿部仁史
第13回(1997年 S(エス) 青木淳
W house 入江経一
第12回(1996年 F4 石田敏明
箱の家ーI 難波和彦
家具の家・カーテンウォールの家 坂茂
第11回(1995年 宮の町タウンハウス 宮森洋一郎
TH-1 朝倉則幸
第10回(1993年 保谷本町のクリニック ワークショップ
甲 SHELL koura 徳井正樹
第9回(1992年 週末住宅[暗箱と鳥籠] 中尾寛井上昌彦芹澤浩子
MURAMATSU HOUSE 宇野求
第8回(1991年 狐ヶ城の家 古谷誠章
東川口の住宅ー車椅子のための住まい 谷口宗彦田中栄作
第7回(1990年 中山の家 村上徹
桜台アパートメント シーラカンス
第6回(1989年 PLATFORM 妹島和世
第5回(1989年 湖畔の住宅 木下庸子
特別賞:阿佐ケ谷の家 高木敦子
第4回(1988年 軽井沢の別荘 アモルフ
第3回(1988年 麦の家 首藤廣剛
第2回(1987年 NAP HOUSE 杉浦伝宗
第1回(1987年 ヴィラ森井 團紀彦
三谷さんの家 中村好文