清水雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しみず まさし
清水 雅
生誕 1901年2月12日
大阪府大阪市
死没 (1994-12-24) 1994年12月24日(93歳没)
死因 肺炎
住居 兵庫県西宮市奥畑6-118
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 阪急百貨店社長・会長
東宝社長・会長・相談役
阪急電鉄会長・相談役
毎日放送取締役
子供 清水陶治(二男、東宝不動産社長)

清水 雅(しみず まさし、1901年2月12日 - 1994年12月24日)は、昭和中期から平成期の実業家小林一三に長年仕え、阪急の大番頭と呼ばれた。阪急電鉄より1947年に分社独立した後の阪急百貨店初代社長であり、のちには阪急百貨店会長、阪急電鉄会長を歴任した。東宝社長・会長も歴任、東宝中興の祖と呼ばれた。

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市阿倍野区出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、ヨーロッパアメリカへ留学。帰国後、小林一三に誘われ、1928年阪急電鉄へ入社。

1947年阪急百貨店社長、1952年阪急共栄物産社長、1957年東宝社長・阪急百貨店会長、1966年東宝会長、1968年阪急電鉄会長にそれぞれ就任・歴任した。1974年に後任東宝社長の松岡辰郎(小林一三の次男)が逝去したため社長に復帰、77年に辰郎の長男・に譲り、代表取締役相談役に就任(のち取締役相談役を経て、相談役に退く)。その他に毎日放送取締役(後に監査役)、後楽園スタジアム取締役なども務めた。

毎日放送の社長、会長を務めた高橋信三とは慶應義塾大学時代の同級生だった。

このように実業家としての声望は高かったが、反面、時の政府与党や財界を正面きって批判する内容の映画を、東宝本体が企画・製作することには制約をかけ続けたという。

1994年12月24日午前8時2分に肺炎のため死去(享年93歳)[1]

著書[編集]

  • 「小林一三翁に教えられるもの」
  • 「夢のたわごと」
  • 「人生のたわごと」

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞1994年12月24日夕刊11面

関連項目[編集]