角和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角 和夫(すみ かずお、1949年4月19日 - )は、日本の実業家。阪急阪神ホールディングス代表取締役社長、阪急電鉄代表取締役会長、東宝取締役、宝塚音楽学校理事長。

また社長業の傍ら、宝塚歌劇団向けに楽曲の提供を行ったこともあり、ペンネームには「岸一眞」という名義を用いている。2007年12月24日付けで歌劇団を退団した、当時の花組トップスター・春野寿美礼の最後の公演(同年10月29日開催)に際しては、自身が作詞・作曲した新曲「こんなにも愛されて」を提供した[1]

来歴・人物[編集]

1949年4月19日、兵庫県宝塚市に誕生。

大阪学芸大学(現大阪教育大学)附属池田小学校灘中学校・高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部に入学。

早稲田大学卒業後、1973年に阪急電鉄株式会社に入社。

阪急電鉄入社後は以下の役職に就任。

  • 1997年(平成9年) - 阪急電鉄流通本部流通統括室長
  • 1998年(平成10年) - 阪急電鉄鉄道本部鉄道計画室長
  • 1999年(平成11年) - 阪急電鉄鉄道事業本部鉄道計画室長
  • 2000年(平成12年) - 阪急電鉄取締役(鉄道事業本部長)
  • 2002年(平成14年)4月 - 阪急電鉄取締役(鉄道事業本部長兼統括本部長)
  • 2002年(平成14年)6月 - 阪急電鉄常務取締役(鉄道事業本部・統括本部担当)
  • 2003年(平成15年)4月 - 阪急電鉄常務取締役(都市交通事業本部・統括本部担当)
  • 2003年(平成15年)6月 - 阪急電鉄代表取締役社長
  • 2005年(平成17年)4月 - 阪急ホールディングス(現:阪急阪神ホールディングス)代表取締役社長(阪急電鉄=事業子会社社長兼任)
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 宝塚音楽学校理事長
  • 2013年(平成25年)6月25日 - 公益財団法人日本棋院理事[2]
  • 2014年(平成26年)3月1日 - 阪急電鉄代表取締役会長(後任の社長に中川喜博[3]
  • 2017年(平成29年)6月13日 - 阪急阪神ホールディングス代表取締役会長兼グループCEO(後任の社長に神戸電鉄の社長を務めた杉山健博[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ MSN産経ニュース・2007年10月29日の記事より
  2. ^ [1]
  3. ^ 代表取締役社長の交代並びに役員人事について(2014年3月1日付) (PDF, 阪急電鉄(阪急阪神ホールディングスサイト内) 2013年12月3日)

外部リンク[編集]