太田垣士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおたがき しろう
太田垣 士郎
Otagaki shiro2816.jpg
豊岡市にある太田垣士郎資料館
生誕 (1894-02-01) 1894年2月1日
兵庫県城崎郡城崎町
死没 (1964-03-16) 1964年3月16日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学経済学部
職業 実業家
活動期間 1920年 - 1964年
著名な実績 黒部川第四発電所建設

太田垣 士郎(おおたがき しろう、1894年2月1日 - 1964年3月16日)は、昭和実業家正四位勲二等。京阪神急行電鉄(現・阪急阪神ホールディングス)や関西電力の社長を務め、関西電力時代には黒部ダム建設を指揮した。

経歴[編集]

兵庫県城崎郡城崎町(現・豊岡市)生まれ。

第五高等学校京都帝国大学経済学部卒業。日本信託銀行入行後、阪神急行電鉄(現:阪急阪神ホールディングス)に移り、1946年12月、京阪神急行電鉄(1943年に阪神急行電鉄が京阪電気鉄道と合併して改称)社長に就任[1]。社長在任中の1949年12月に京阪電気鉄道を分離再発足させている。

1951年、電力界の再編成が行われ関西電力が発足すると、初代社長に就任した。同時に阪急時代の後輩である芦原義重が常務に就任している。太田垣は、戦後の電力不足事情をいち早く見抜き、大規模な水力発電所の建設に踏み切った。岐阜県の丸山水力発電所である。当時としては最大規模であった。関西電力がスタートした当時の資本金は17億円だったが、スタートしたばかりの時に、資本金の10倍もの資金を投じて大水力発電所の建設に着手したのである。

終戦後の復興が目覚しい1950年代になり、関西地域の電力事情が逼迫する状況を目の当たりにした太田垣が、その打開策として手がけたのが世紀の難工事といわれた「黒部ダム」の建設である。建設に当たっては太田垣は「経営者が十割の自信をもって取りかかる事業、そんなものは仕事のうちには入らない。七割成功の見通しがあったら勇断をもって実行する。それでなければ本当の事業はやれるもんじゃない。黒部は是非とも開発しなけりゃならん山だ」と言って決断したのは有名な話である[2]

黒部ダム」建設計画でも後輩の芦原義重が太田垣を技術の最高責任者として補佐していた。こうした一連の難工事の経緯は石原裕次郎三船敏郎主演映画『黒部の太陽』(監督:熊井啓)で全国に知られるようになる。

関西電力は電力業界で、経営内容において業界一を誇ったが、その基盤を確立させたのが「黒部ダム」だった。その成功をはじめとして、新しいエネルギーである原子力に着目、日本で初めて原子力発電所である「美浜発電所」(福井県美浜町)に着手するなど、常に先端技術を経営に生かした。

1959年、太田垣は、関西電力社長のポストを芦原に譲り、また関経連会長のポストも太田垣から阿部孝次郎(元東洋紡績会長)を経て、1966年には芦原に引き継がれている。

1964年財団法人サンケイスカラシップの発起人として小林中大河内一男高村象平水野成夫鹿内信隆沢村義夫等と共に名を連ねている。

関西経営者協会会長、近畿圏整備審議会会長、関西経済連合会会長、電気事業連合会会長、産業計画会議松永安左エ門主催)委員などを歴任した。また日本体育協会に請われて協会財務委員長に就任し、1964年東京オリンピック開催資金調達の総責任者を務めるなど多方面で手腕を発揮した[3]

また、かつて京阪神急行電鉄の社長を務めた縁で、京阪電気鉄道と近畿日本鉄道(近鉄)の間で奈良電気鉄道の株式争奪戦が生じた際には両社の仲介に入り、太田垣の斡旋により最終的に近鉄が京阪の出資分を買い取って合併する形で決着させた[4]

1964年3月16日、自ら建設を決断した黒部ダムの完成の翌年に脳軟化症により逝去。70歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の佐藤博夫社長が公職追放への抵触を懸念して辞任したため後任として就任した。
  2. ^ この太田垣の言葉は、黒部川第四発電所の正面玄関脇に掲げられた太田垣の肖像と立山連峰を描いたレリーフに刻まれている。
  3. ^ 豊岡偉人伝【7】太田垣士郎 (PDF) 広報とよおか 2012年11月25日号
  4. ^ PHP研究所(編)『京阪電鉄のひみつ』PHP研究所、2014年、209頁

関連項目[編集]


先代:
佐藤博夫
阪急電鉄社長
1946年 - 1951年
次代:
和田薫
先代:
(初代)
関西電力社長
初代:1951年 - 1959年
次代:
芦原義重
先代:
堀新
関西電力会長
第2代:1959年 - 1964年
次代:
芦原義重
先代:
関桂三
関西経済連合会会長
第5代:1956年 - 1961年
次代:
阿部孝次郎
先代:
菅礼之助
電気事業連合会会長
第3代:1961年 - 1964年
次代:
木川田一隆