関桂三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せき けいぞう
関 桂三
生誕 1884年1月3日
奈良県山辺郡
死没 (1963-05-02) 1963年5月2日(満79歳没)
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 東京帝国大学法学部
活動期間 1909年 - 1963年
配偶者 あり

関 桂三(せき けいぞう 1884年1月3日 - 1963年5月2日)は、昭和期の実業家東洋紡績元会長。

来歴・人物[編集]

奈良県山辺郡出身。郡山中四高を経て、1909年東京帝国大学法学部卒業後、東洋紡の前身である大阪紡績入社。常務、専務、副社長をそれぞれ歴任し、1943年に退職。1950年に東洋紡へ復帰し、会長を務め、1957年より相談役を務めた。1946年関西経済連合会初代会長を務め、1951年には再度第4代会長を務めるほかには日本商工会議所会頭代理、大蔵省商工省両顧問、朝日放送取締役、東京大学講師などをそれぞれ務めた。