堀新 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀 新(ほり しん、1883年7月8日 - 1969年6月26日)は、昭和期の日本の実業家関西電力元会長。

来歴・人物[編集]

兵庫県佐用郡出身。1903年大阪商船へ入社。遠洋課長時代、大型ディーゼル高速貨物船輸送に功績を上げた。1932年に専務、1936年日清汽船社長、1939年宇治川電気副社長、1940年に同社社長、1945年関西配電副社長にそれぞれ就任するも、1946年公職追放令を前に退任し、解除後に相談役に復帰。1951年に電力再編成により関西電力会長に就任し、1959年まで務めた。1960年より相談役。また、電気事業連合会会長、山陽電気鉄道南海電気鉄道毎日放送の各取締役も務めた。

先代:
深尾隆太郎
日清汽船社長
第6代:1936年 - 1939年
次代:
東亜海運に事業譲渡
先代:
(初代)
関西電力会長
初代:1951年 - 1959年
次代:
太田垣士郎
先代:
(初代)
電気事業連合会会長
初代:1952年 - 1955年
次代:
菅礼之助