日清汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日清汽船(にっしんきせん)は朝末期から中華民国期にかけての中国において船舶を運航していた日本企業[1]揚子江流域を中心に活動していた。

概要[編集]

1907年3月、日清戦争後に揚子江航路に進出した海運業の競争回避のため国策で新設され、1898年から1907年まで上海漢口線と上海宜昌線を運営していた大阪商船を含め、日本郵船湖南汽船大東汽船から事業の委託が行われた。資本金は810万円。

当時は社長が石渡邦之丞、専務が土佐孝太郎竹内直哉白岩龍平、取締役が中橋徳五郎近藤廉平、監査役が田邊為三郎有地品之允杉村正太郎[2]

1916年には、南洋協会座長の近藤廉平男爵が社長を務めていた[1]。専務は土佐孝太郎竹内直哉白岩竜平、取締役は中橋徳五郎、監査役は田辺為三郎、男爵有地品之允

1921年から1926年の間、北京では北京政変が勃発していたが、ユダヤ系の商人と合弁で上海旧日清汽船上海支店ビルを建設した。

1926年8月2日には楊森配下の現地兵による銃撃で乗組員3名が負傷する事件に巻き込まれている(万県事件[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 楊子江の航運業日清汽船会社の地位 大阪毎日新聞 1916.1.4 楊子江は原文ママ
  2. ^ 野村徳七商店調査部『大阪商船』、1911年。NDLJP:805068/46
  3. ^ p1429 日本外交文書デジタルアーカイブ 大正15年(1926年)第2冊下巻

参考文献[編集]


関連項目[編集]