大谷登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 登(おおたに のぼる、 1874年3月26日 - 1955年7月31日)は、日本海事実業家日本郵船第7代代表取締役社長船舶運営会初代総裁。

人物・経歴[編集]

福井県出身。東京高等商業学校(現一橋大学)卒業後日本郵船に入る。カルカッタ支店長、ニューヨーク支店長、ロンドン支店長、副社長等を経て、1935年から代表取締役社長日本航空輸送会長兼務を経て、1938年大日本航空初代会長兼務。1942年船舶運営会初代総裁に就任。太平洋戦争中の戦時体制下で海運統制を行った。このほか南洋拓殖参与理事、海運協会理事長等も務めた[1][2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「大谷登」デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 「大谷 登」20世紀日本人名事典
  3. ^ 「第二章 大日本産業報国会の結成(つづき)」日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動
  4. ^ 「日本航空輸送(株)『10年史 : 日本航空輸送株式会社』(1938.11)」渋沢社史データベース


先代:
各務鎌吉
日本郵船社長
1935年 - 1942年
次代:
寺井久信
先代:
(新設)
大日本航空会長
1938年 - 1939年
次代:
中川健藏
先代:
(新設)
船舶運営会総裁
1942年 - 1943年
次代:
田島正雄