日本航空輸送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
手荷物用のラベル

日本航空輸送(にほんこうくうゆそう、英語名:Japan Air Transport)とは、1928年昭和3年)から1938年(昭和13年)まで存在した日本航空会社である。

概要[編集]

羽田空港に駐機する日本航空輸送のフォッカー・スーパー・ユニバーサル

日本航空輸送株式会社は、1928年10月20日逓信省所管の航空会社として発足し[1]、1929年に運航を開始した。同年3月31日、どちらも民間航空会社であった東西定期航空会と(旧)日本航空株式会社(戦後の日本航空とは無関係)を無償吸収合併した。当初は立川陸軍飛行場をターミナルとしていたが、1931年羽田空港に移転した。

日本航空輸送は日本本土の各都市と中国大陸の日本の租界がある都市を結ぶ航空路を運航し、軍事的にも重要であったこともあり、日本政府から多額の助成金の交付を受けて規模を拡大した。1938年にはのべ70,000人の乗客があり、この数字は当時全世界の2.6%を占めていた。

1937年に勃発した日中戦争以降、満州国を含む中国大陸との航空路の軍事的重要性が更に高まったことから、政府は1938年12月に同社を国策会社へと改組し、ついで、民間航空輸送の統合政策の下に国際航空と合併して大日本航空となり消滅した。

航空路[編集]

東京-大阪(週12往復)、大阪-福岡(週陸6往復水3往復)、福岡-蔚山(週3往復)、蔚山-京城(週6往復)、京城-平壌(週6往復)、平壌-大連(週3往復)

役員・大株主[編集]

運航機材(一部)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鶴田雅昭「日本航空輸送株式会社の設立とその背景 : 昭和初期の民間航空政策」、『交通史研究』第29巻、交通史学会、1993年、 43-64頁、 doi:10.20712/kotsushi.29.0_43
  2. ^ 「日本航空輸送(株)『10年史 : 日本航空輸送株式会社』(1938.11)」渋沢社史データベース
  3. ^ 『人事興信録. 9版(昭和6年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 逓信省航空局長『人事興信録. 9版(昭和6年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『人事興信録. 9版(昭和6年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ a b 『人事興信録. 9版(昭和6年)』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]