佐藤一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 一男(さとう かずお、1892年5月23日 - 1959年10月29日)は、日本の鉄道技術者実業家[1]

来歴[編集]

広島県福山市出身[1]1918年京都帝国大学工学部電気工学科を卒業し、京阪電気鉄道に入社[2]

車両技術部門で活躍し、全鋼製ロマンスカー京阪1550型電車の設計、製作に携わり、欧米での留学で得た知識を生かして、日本最初の連接車である京阪60型電車(びわこ号)を立案、建造した[2]

取締役、常務、専務を経て、1943年陸上交通事業調整法による阪神急行電鉄との統合により、京阪神急行電鉄副社長に就任した[2]

1946年11月に公職追放を受け、副社長を辞任し[2]、相談役に就任した。

1959年10月29日死去[3]。67歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 興信データ株式會社 1955, さ16頁.
  2. ^ a b c d 『京阪70年のあゆみ』京阪電気鉄道、1980年、pp.84 - 85
  3. ^ 『京阪70年のあゆみ』京阪電気鉄道、1980年、p.456

参考文献[編集]

  • 興信データ株式會社 『人事興信録 第18版 上』興信データ、1955年。