館龍一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

館 龍一郎(たち りゅういちろう 1921年9月11日 - 2012年2月11日)は、日本の経済学者。専門は金融政策論、財政学東京大学名誉教授、青山学院大学名誉教授。日本学士院会員

経歴[編集]

館哲二(内務官僚・参議院議員)の長男として横浜市で生まれる。1944年、東京大学経済学部卒。戦後すぐ日本銀行勤務経験もあった。1950年、東京大学助教授。1961年、東京大学教授。1984年、東京大学を退官し青山学院大学教授。1985年日本学士院会員。

この間、大蔵省財政金融研究所所長、日本銀行金融研究所特別顧問、金融制度調査会会長、中央社会保険医療協議会会長等を歴任。

欧米の最新の金融理論(特に貨幣論)を紹介し、日本の実情に当てはまる独自の理論を展開した。また、その理論を元に政策提言を行った。特に金融制度調査会長として金融制度改革に積極的に取り組んだ。

2012年2月11日、肺炎のため死去[1]。90歳没。

行政[編集]

1980年代から90年代にかけ旧大蔵省の金融制度調査会長など、霞が関の経済政策に大きな発言力があった[要出典]

主な著書[編集]

ほか。

脚注[編集]


先代:
高垣寅次郎
日本金融学会会長
第4代:1982年 - 1988年
次代:
小寺武四郎