竹取物語 (室内楽曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹取物語》(たけとりものがたり)は、日本作曲家貴志康一が、1933年に作曲したヴァイオリンピアノのための楽曲。

概要[編集]

戦前日本で活躍した作曲家・指揮者ヴァイオリニストであった貴志康一が1933年の渡独中に作曲、出版もドイツでなされた。日本最古の物語である『竹取物語』を主題とした作品である。恐らく貴志の作曲作品中最も有名なものである。

湯川秀樹博士がノーベル物理学賞を受賞した時、その祝賀パーティで日本を代表する音楽作品として、この作品がストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団によって演奏されたことによって広く名を知られた。

参考資料[編集]