戦争と人間 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戦争と人間から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
戦争と人間
第一部 運命の序曲
第二部 愛と悲しみの山河
第三部 完結篇
監督 山本薩夫
脚本 山田信夫(第一部)
山田信夫、武田敦(第二・三部)
原作 五味川純平
ナレーター 鈴木瑞穂
出演者 滝沢修
芦田伸介
高橋悦史
浅丘ルリ子
吉永小百合
北大路欣也
高橋英樹
江原真二郎
加藤剛
山本圭
石原裕次郎
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 姫田真佐久
編集 円治睦夫(第一・二部)
鈴木晄(第三部)
製作会社 日活
配給 ダイニチ映配(第一・二部)
日活(第三部)
公開 日本の旗 1970年8月14日(第一部)
日本の旗 1971年6月12日(第二部)
日本の旗 1973年8月11日(第三部)
上映時間 197分(第一部)
179分(第二部)
187分(第三部)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億9000万円(第一部)
約3億円(第二部)
約4億円(第三部)[1]
テンプレートを表示

戦争と人間』(せんそうとにんげん)は、1970年(昭和45年)から1973年(昭和48年)にかけて公開された3部作の日本映画である。日活製作。監督は山本薩夫

五味川純平の同名大河小説『戦争と人間』の映画化作品で、日本映画としては同じく五味川の小説を映画化した『人間の條件』の9時間31分に次ぐ9時間23分の長さを誇る、日活製作による戦争大河超大作である。

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

第一部[編集]

第二部[編集]

第三部[編集]

作品解説[編集]

物語は、1928年(昭和3年)の張作霖爆殺事件前夜から1939年(昭和14年)のノモンハン事件までを背景に、様々の層の人間の生き様から死に様までを描いている。そして、その後の太平洋戦争に至る経緯について丁寧に表現されている。

第三部ではソ連国内でモスフィルムの協力の下撮影が行われた。ノモンハン事件の大規模な戦闘シーンはソ連軍の協力で撮影されており[3]ソ連ロケ・ソ連軍全面協力の戦闘シーンという日本映画としては異例の大規模映画となっている。(稼働状態の戦車を準備する必要上、史実・考証とは異なるがT-34-85の実車が撮影に使用されている)

当初は東京裁判による伍代家の破滅まで描いた四部作を予定していたが、豪華キャスト・本格的な戦闘シーン・海外ロケと日本の映画史上でも屈指の大作であったため、当時の日活の経営悪化もあり結果的に予算が続かず、第三部で完結を強いられた[4]。第一部だけでも3億5000万円の製作費がかかったが、大ヒット作となった[5]

受賞[編集]

テレビ放送[編集]

1980年1月3日(木曜)から同年1月5日(土曜)まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)で、『連続3日間特別ロードショー』と銘打ってのテレビ放送が行われた[6]。全3回。放送時間は3日間ともに19:00 - 22:48 (日本標準時)。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日
  2. ^ 本編では登場シーンはカットされている。
  3. ^ やはり旧満州が舞台で、ソ連軍の登場する『人間の條件』では海外ロケが不可能だったため、ソ連軍戦車などは陸上自衛隊の保有する装備を借用して撮影された。本作と同時期に製作された東映配給の『樺太1945年夏 氷雪の門』でも国内で陸上自衛隊の協力によって撮影を行っている。
  4. ^ DVD-BOXの解説書による
  5. ^ 朝日新聞土曜増刊 be on Saturday「映画の旅人」2014年8月30日
  6. ^ 下野新聞縮刷版』 下野新聞社、1980年1月1日[要検証] - 1月5日付のラジオ・テレビ欄。

外部リンク[編集]