五味川純平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

五味川 純平(ごみかわ じゅんぺい、1916年大正5年)3月15日 - 1995年平成7年)3月8日)は、日本小説家。本名、栗田茂(くりた しげる)[1]

満州大連生まれ[1]東京商科大学(現一橋大学)に入学するも1年で中退、東京外国語学校(現東京外国語大学)英文科卒業後、満州鞍山の昭和製鋼所に入社。ここで隅谷三喜男と知り合う。1943年召集を受け、満州東部国境各地を転々とした。1945年8月のソ連軍の満州侵攻時には、所属部隊はソ連軍部隊の攻撃を受けて全滅に近く、生存者は五味川以下数名だったという。

1948年の引き揚げ後、自らの従軍体験を基にして1955年に発表した『人間の條件』が1,300万部を超える大ベストセラーとなり、一躍人気作家となる。その後も『戦争と人間』『御前会議』『ノモンハン』『ガダルカナル』など、数々の戦争文学を世に問うた。『人間の條件』や『戦争と人間』はのちに映画化された。

1978年菊池寛賞を受賞。1995年、脳梗塞のため死去[2]

著書[編集]

三一書房 全3部 1978年、のち文春文庫全6巻、岩波現代文庫全3巻
映画版は『人間の條件 (映画)』を参照。
  • 『自由との契約』全6部 三一新書 1958-1960年 のち三一書房、角川文庫 各全3巻
  • 『歴史の実験』 中央公論社 1959年 のち角川文庫
  • 『アスファルト・ジャングル』中央公論社 1960年
  • 『巨きな約束の土地 ソ連紀行』河出書房新社 1962年
  • 『孤独の賭け』全3部 三一新書 1962-1963、のち三一書房全1巻、角川文庫、幻冬舎文庫 各全3巻
  • 『人間の朝 東アフリカ紀行』 河出書房新社 1964年
  • 戦争と人間』 全18巻 三一新書 1965-1982年 のち光文社文庫全9巻
  • 『虚構の大義 関東軍私記』文藝春秋 1973年 のち文庫
  • 『極限状況における人間』三一書房 1973年
  • 『ノモンハン』文藝春秋 1975年 のち文春文庫上下
  • 『この堅き肉』三一書房 1975年
  • 『御前会議』文藝春秋 1978年 のち文庫
  • 『ガダルカナル』文藝春秋 1980年 のち文庫
  • 五味川純平著作集』全20巻 三一書房 1983-1985年
  • 『怒り、八つ当たり』三一新書 1985年
  • 『「神話」の崩壊 関東軍の野望と破綻』文藝春秋 1988年 のち文庫
  • 『戦記小説集』文藝春秋 1990年 のち文庫

脚注[編集]

  1. ^ a b コトバンク
  2. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)94頁

関連項目[編集]