佐藤正文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとう まさふみ
佐藤正文
生年月日 1947年
出生地 日本の旗 日本山形県
職業 俳優
ジャンル 舞台、映画など

佐藤 正文(さとう まさふみ、1947年 - )は、日本の演技トレーナー、演出家、俳優。尚美学園大学芸術情報学部客員教授。山形県出身。

来歴・人物[編集]

桐朋学園大学演劇専攻科卒業。1970年劇団俳優座に入団。「安部公房スタジオ」の旗揚げに参加。1979年『仔象は死んだ』に出演、米国5都市を巡演。のちにフリーの俳優となり、俳優座劇場プロデュース、無名塾地人会などの公演に多数出演。1996年コロンビア大学で開催された安部公房シンポジウムにおいて、演技術・安部公房システムを紹介。1997年シンポジウム・安部公房『演劇の仕事』及びワークショップ『安部公房システム』を旧メンバーとともに主催[1]2004年2013年ギィ・フォワシィ演劇コンクールに於いて、演出した『ストレス解消センター行き』が最優秀賞を、2006年には『救急車』が優秀賞を受賞[2]

尚美学園大学芸術情報学部及び日本大学芸術学部で指導する一方、私塾 A.T.ラボ(1985年創立)を主宰。芸能プロダクションavex、スターダスト・プロモーションなどでも演技レッスンを担当し、多数の俳優を育成する[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

[4]

演出作品[編集]

参考文献[編集]

  • コーチ ジャンルーカ 安部公房スタジオと欧米の実験演劇 安部公房スタジオと欧米の実験演劇 (彩流社 2005年3月)
  • 安部公房 新潮日本文学アルバム 51 (新潮社 1994年4月)
  • 俳優座劇場三十年の歩み (俳優座劇場 1984年5月)
  • 安部公房の劇場―七年の歩み (安部公房スタジオ 1979年7月)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール[佐藤正文のブログ]
  2. ^ 演劇コンクール最終結果[ギィ・フォワシイ・シアター]
  3. ^ 映画作品[movie walker]
  4. ^ 佐藤正文[桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻同窓会]

外部リンク[編集]