石原延啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしはら のぶひろ
石原 延啓
生誕 1966年8月22日(49歳)
日本の旗 日本神奈川県
出身校 慶應義塾大学
スクール・オブ・ビジュアルアーツ
職業 芸術家

石原 延啓(いしはら のぶひろ、1966年8月22日 - )は、日本画家・美術家。

人物[編集]

神奈川県逗子市出身。慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校(同級生に衆議院議員福田達夫東宝東和代表取締役社長の松岡宏泰)、1989年慶應義塾大学経済学部卒業ののち、1991年スクールオブビジュアルアーツ(アメリカ合衆国 ニューヨーク)ファインアート科を卒業。現在は、東京、ニューヨークなどを中心に個展を開くなどして活動中。その経験を生かし「トーキョーワンダーサイト」(以下TWS)の外部役員(アドバイザリーボード委員、キュレーティングアーティスト)なども務めた。

また、ダボス会議における都主催のイベント、いわゆる「東京ナイト」の舞台背景の制作も手がけた。

作品[編集]

以前は水彩やコラージュを多用した抽象的絵画が多く見られたが、近年はアクリル絵具を使用し、神話的なイメージをモチーフとした絵画やウォールペインティングを制作している。(作品は、下方の外部リンクに掲載されている本人のウェブサイトで見ることができる)

評価[編集]

作品の価格は2006年版の『美術市場』では「号3万円」とされていた[1][注 1] 近現代美術が専門で現代ガラス芸術に詳しい美術評論家の武田厚は「内外のステンドグラス作家は一通り把握しているが、知事のご子息のことは聞いたこともなかった。三十代、四十代の現代芸術家の間ではどうか分からないが、美術界では、ご子息が絵描きだということはほとんど知られていない」と発言した[1]。東京都内の有名画廊の関係者は「絵やステンドグラスを見ても才能はあると思う。確かに売れっ子というわけではないが、四十歳くらいで評価が定まる画家などいない。むしろ才能があっても現代画家の場合は売れないこともある」と説明したという[1]。 実父・石原都知事は延啓がトーキョーワンダーサイト事業へ参加していたことについて「余人をもって代え難い」とした。[注 2]

家族[編集]

東京都知事石原慎太郎は父。石原裕次郎は叔父。長兄に自民党衆議院議員石原伸晃、次兄に俳優タレント気象予報士石原良純、3番目の兄に元みずほ銀行勤務・自民党衆議院議員の石原宏高がいる。

脚注[編集]

[編集]

  1. ^ なおアルス美術界のサイト上での解説では、日本の美術界では、二科展に初入選したぐらいのレベルの人が号5000円で、「50歳代の「新人」クラスの人の絵が、だいたい号3万円から10万円ぐらい」だといい、美術年鑑の値段というのはあくまでそれが出版された時点での価格だといい、将来は別の値段になるという。アルス美術会
  2. ^ なお、東京新聞の記者自身も、六歳の息子が描いた恐竜の絵を臆面(おくめん)もなく社内報に出してしまった、という。東京新聞 2006年12月8日 公費支出問題で注目 都知事四男 画家の実力は

出典[編集]

外部リンク[編集]