心療内科医・涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心療内科医・涼子』(しんりょうないかい・りょうこ)は、1997年10月13日から12月15日まで毎週月曜日22:00 - 22:54に、読売テレビ制作・日本テレビ系で放送された日本のテレビドラマ。全10話。主演は室井滋

心療内科が舞台であることと、現実離れした涼子特有の治療のやり方に批難が集中したため、ノベライズ単行本は5話で終了し、ドラマに至っては台詞や涼子の独特な治療は1話以降から若干変えられている。

概要[編集]

明邦大学医学部付属病院の心療内科に通院する様々な“心の病”を持った患者の症例を中心に描いた作品。

患者役には豪華ゲストが毎回登場した。

視聴率も前番組『失楽園』ほどの高水準ではないものの、月曜22時台のドラマとしては堅調な推移を見せた。一方で後述するように、放映当時からその治療などの内容について、当時は精神科医など様々な方々からも現実離れをしている涼子の治療行動に対して批難が多数あり、直ちに放送を中心するよう番組に対しての圧力や批難があった。

現実としてではなく「作品」として捉えられない方々からの賛否は大きく分かれていたが、現代医療ではドラマのようにゲストクライアントの苦しみには救いのない医療機関に限界を感じ心を閉ざし、受診ができない患者にとって、この作品に心を癒された人々もある。


現実では到底できない涼子らしい患者の苦しみに寄り添い続けるケアや独特の治療は、決して説得やお説教ではなく、自身の苦しみに由来する共感力の強さから滲み出る言動であり、自己中心的なものではない。

様々なゲストクライアントの苦しみに対して涼子は絶対に見捨てない姿勢の底には互いの信頼関係がある。作品以外として治療に信頼関係の大切さは忘れてはならない。

キャスト[編集]

明邦大学付属病院[編集]

  • 望月涼子(36):室井滋
    心療内科医。「暴走特急」の異名を持つ。
    自身も乳児期のPTSDによる暗所恐怖症による暗闇恐怖、過呼吸症状を持っている。
    タフな面と同時に繊細さが強く、患者の問題点にいち早く察する能力と、自身や患者の苦しみに対する理解が深い名医である。
    これにより現実離れした心療内科医としての治療を作品の中でケア、治療をするが、行き過ぎた行動に対してチームが支える場面がある。
  • 杉本陽一(37):寺脇康文
    心療内科医局長。
    望月涼子とは同僚で唯一の理解者であり、涼子への愛がある。
  • 飯島武(25):河相我聞
    心療内科研修医であり、望月涼子とはペアで治療にあたる話がある。
  • 川村安奈(26):黒谷友香
    心療内科専修医。
  • 野田周平(26):関口知宏
    心療内科専修医。
  • 松本梨香(22):星野有香
    心療内科看護婦。
  • 田口裕子(22):春菜千広
    心療内科看護婦。
  • 中谷加奈子(20):豊田麻里
    心療内科看護婦。
  • 坂下直子(40):萬田久子
    心療内科看護婦長。
    涼子の理解者と同時に涼子を支えたり、自身の経験から適切な助言をする面を持ち合わせている。

その他[編集]

  • 平岡周(41):日野陽仁
    心療内科医行きつけの「平岡寿司店」主人であり、かつて涼子の治療を受け回復した主人でもあり、涼子に片思いをしている。
  • チエコちゃん(6):吉谷彩子
    時々涼子の前に姿を現す少女。
    涼子の心の中に存在するインナーチャイルドで実在しないが、涼子が苦しむシーンでは涼子への適切な助言をしている。

放送日程・ゲスト[編集]

各話 放送日 サブタイトル 症例 ゲスト出演者・役名 視聴率
第1話 1997年10月13日
(22:00 - 23:24)
「盗食する女」 共依存過食症 市枝都:麻生祐未
市枝伸子:藤田朋子
純一:石橋保
15.4%
第2話 1997年10月20日 「虚言する女」 虚言癖 花岡キヨノ:篠原涼子 15.5%
第3話 1997年10月27日 「良い子は母を殴る」 家庭内暴力 須藤早紀:榎本加奈子
須藤芙美子:結城しのぶ
須藤誠一:遠城啓輔
15.7%
第4話 1997年11月3日 「買い物しすぎる女」 買い物依存症 東由香里:斎藤由貴
東茂樹:伊藤俊人
東太一:三觜要介
カウンセラー:小倉久寛
14.7%
第5話 1997年11月10日 「顔を変え続ける女」 身体醜形障害 沢田美樹:菊池麻衣子
悟:東根作寿英
13.7%
第6話 1997年11月17日 「嫁 vs 姑 心理戦争」 心身症、家族 藤川みなみ:羽野晶紀
藤川藍子:水野久美
藤川達郎:山口粧太
14.7%
第7話 1997年11月24日 「水を飲み続ける少女」 父子関係、アダルトチルドレン 館林絵里:奥菜恵
館林祐司:石丸謙二郎
館林千里:岡まゆみ
14.3%
第8話 1997年12月1日 「トラブルメーカー」 境界性パーソナリティ障害 稲村沙織:松嶋菜々子 12.8%
第9話 1997年12月8日 「首が回らない女優」 痙性斜頸、母子関係 仙石カナコ:手塚理美
寺崎満江:谷口香
10.6%
最終話 1997年12月15日 「子供を投げる母」 母子関係、愛 清水麻美:田中律子
麻美の母・則子:絵沢萠子
清水真治:古藤芳治
11.6%
平均視聴率 14.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニング:Le Couple「Sofa」
  • エンディング:室井滋「風よ」

受賞歴[編集]

作品の問題点[編集]

放送開始直後から、心療内科の現場で働く医師による抗議が相次いでいた。主だったものとして、

  • 取り上げる病気が不適切(心療内科ではなく、精神科が扱う病気)。
  • その病気の描写があまりにもセンセーショナル。(心療内科の患者が心療内科に行きにくくなる)
  • 現実の医師は、涼子のような行動はとらない。
  • ドラマを見て、すぐに治ると期待し、結果的に病院を転々としてしまう危険性。

などといった意見が寄せられた。日本心療内科学会でも問題になり、読売新聞に抗議文を出す事態になったが、これに対し読売テレビは、「これから撮影するものに関しては、十分に配慮する」と釈明。また番組のラストに「望月涼子のキャラクター設定上、実際の心療内科医を超えた描写があります」というテロップも出されていた。

こうした抗議について、番組アドバイザーである東邦大学医学部附属大森病院心療内科は、

  • 心療内科の範囲を逸脱しているとテレビ局に抗議した。
  • ただし、心療内科は純粋な心身症だけを見るべきだとの批判には、反論する。本来の心身症の患者は、心療内科受診者の15%にすぎない。
  • ドラマはオーバーな点があるが、精神科の対象になる患者が来ているのも事実。そういうニーズに応えるのも、将来的には大事ではないか。

とのコメントを出している。

また、ある心療内科医は自分のサイト(現在は閉鎖)で、テレビ局に対する抗議として「問題が多すぎるので、即刻、放送を中止してほしい」という内容のFAXを公開していた。指摘していた問題点は主に以下の通り。

  • 患者が窓から飛び降りるシーンがあるが、医師が飛び降りるように呼びかけることは絶対にない。
  • 患者をまるで、気がふれたおかしな人間のように描いている。
  • 型破りの心療内科医という設定のもとで、病院だろうと外だろうと、ところ構わず治療をしている。
  • 涼子の治療はただの説得で、患者を理解しているとは思えず、本当の治療とは言えない。
  • 看護婦が患者の噂話をしている。現場の看護婦に失礼だ。


この問題点は、この時代には患者の苦しみに寄り添うことが必要な治療が医療機関にはないこと、現実とは全く異なる作品という捉え方がない医師ほど自身の医師というプライドで患者を傷つけている理由、意味を知っていない。

この作品により、心療内科を含め、精神科への受診に躊躇する内容ではないこと。批難をした医師のプライドが傷つくために放送を辞めるよう批難をしたのみに過ぎない。

この作品をバカにし、放送を直ちに辞めろと作品を批難した当時の医師は分かっていない。それを観ている患者の気持ちを知らない。医者のプライドで患者が傷つく理由(意味)を分かってない。

窓から飛び降りるシーンについても、患者が抑圧しているものを飛び降りることにより抑圧からの解放として涼子は捉えており、結果飛び降りた患者は自分を取り戻すことができたのは涼子自身がその患者には必要だったと知っているからであり、全ての患者に窓から飛び降りるようには対応をしていない。


だが、涼子先生には医師という資格や威厳という被り物のプライドを捨てても人間として全力で患者、そして医師という自身の苦しみや悲しみに向き合う葛藤のある姿は現代医療では絶対にあり得ない。


ドラマという時間制限などによって、ゲストクライアントの人たちが簡単に治るよう(治ってる)に設定されているが、患者や涼子に葛藤がかなりある時点で時間的には治癒が簡単に見えても、これは実際は治癒にかかる時間は簡単にはいってない。

ドラマのため時間の制限があるのみで、ダラダラと長々と続けられないのみであり結局は治療の継続、経過を見ており、最後はチーム内で解説もしている。

関連商品[編集]

  • 心療内科医・涼子 Vol.1-Vol.4(バップ) 1998年2月21日発売 VHSの単品商品。
  • 心療内科医・涼子 サントラ-イン・アワーズ・タイム (ポニーキャニオン) 1997年11月9日発売
  • 心療内科医 涼子 (読売テレビ放送株式会社・編 アミューズブックス発行) 1997年12月12日発売 - 専門家の解説が付いたノベライズ本。6話以降については、作品2対しての批難があったため6話以降は出版されていない。現在は絶版 ISBN 978-4-906613-26-7

外部リンク[編集]

読売テレビ制作・日本テレビ 月曜10時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
失楽園
(1997.7.7 - 9.22)
心療内科医・涼子
(1997.10.13 - 12.15)
冷たい月
(1998.1.12 - 3.16)