虚言癖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしてもをついてしまう人間の性質をあらわす専門用語で、1891年ドイツ心理学者アントン・デルブリュック(Anton Delbrück)によって提唱された。[1][2][3]

症状[編集]

病的な症状に関しては、虚偽性障害統合失調症演技性パーソナリティ障害妄想性パーソナリティ障害反社会性パーソナリティ障害などの症状が関係する場合もある。

傾向[編集]

虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラを吹くとされる。ただ、実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多く、劣等感(→劣等コンプレックス)の変形と見なされている。病的になってくると、自分でも、嘘か本当かよくわからなくなってしまう傾向があり、中には空想の自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向もあるなど、当人にとっても有害無益である傾向が出ることもあるとされる。病的に嘘を付く場合の一例には、病気や体調不良を装うミュンヒハウゼン症候群がある。同症候では、彼らの訴える病気等によって周囲の同情や関心をひく事を目的として、手術痕を(自分で)作ろうと自傷行為をするケースもあり、その一方では体調不良を訴えた場合に、本当にそれら苦痛を(自己暗示的に)感じている場合もあるとされる。

虚言癖ではないケース[編集]

統合失調症のように、自分が何を述べているかも明確に認識していない場合もある。これらは妄想幻覚と現実の区別が付かず、時に記憶すらも曖昧となり、時が経つに連れて事実と反する事を述べたりする事もある。認知症によっても認識現実に差が出ることもあり、他人から見れば事実から反するためにウソとされる事柄を、当人は事実として疑わない事がある。解離性障害の場合解離が起きている間の記憶がないのでその間にした約束事などを覚えていることができず、嘘つきとみなされることがある。これらは一般に、虚言癖と混同ないし同一視されるが、厳密には虚言癖と似て異なるものである。またこれの治療法も各々に存在する。

処罰[編集]

虚言癖に対する刑事罰は日本では存在しないため、患者の行動は制限できない。ただし、一党独裁をとる国家の場合は国家反逆罪で処分することができる。一党独裁ではないものの、韓国には国家公安法という似た法規が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ Dike, Charles C. (June 1, 2008). "Pathological Lying: Symptom or Disease?". 25 (7).
  2. ^ 参考リンク
  3. ^ Anton Delbrück, Die pathologische Lüge und die psychisch-abnormen Schwindler : eine Untersuchung über den allmählichen Übergang eines normalen psychologischen Vorgangs in ein pathologisches Symptom für Ärzte und Juristen. Habilitationsschrift. Stuttgart : Enke, 1891

参考文献[編集]

  • Anton Delbrück: Die pathologische Lüge und die psychisch abnormen Schwindler. Eine Untersuchung über den allmählichen Übergang eines normalen psychologischen Vorgangs in ein pathologisches Symptom. Enke, Stuttgart 1891.
  • Birch, S.; Kelln, B. & Aquino, E. (2006). "A review and case report of pseudologia fantastica" (PDF). The Journal of Forensic Psychiatry & Psychology. 17 (2): 299–320.
  • Dike, C., Baranoski, M., & Griffith, E. (2005). Pathological lying revisited. The Journal Of The American Academy Of Psychiatry And The Law, 33(3), 342–349. Retrieved from EBSCOhost.
  • Dike, C. (2008). Pathological lying: symptom or disease? Lying with no apparent motive or benefit. Psychiatric Times, 25(7), 67–73. Retrieved from EBSCOhost.
  • Dike CC, Baranoski M, Griffith EE (2005). "pseudologia lying revisited". The Journal of the American Academy of Psychiatry and the Law. 33 (3): 342–9. PMID 16186198.
  • Healy, M., & Healy, W. (2004). Pathological lying, Accusation And Swindling. Winnetka, Illinois: Kessinger Publishing.
  • Heinz Kohut: Narzißmus. Eine Theorie der psychoanalytischen Behandlung narzißtischer Persönlichkeitsstörungen. suhrkamp taschenbuch wissenschaft, Frankfurt a. M. 1976 [am. Orig.: The Analysis of the Self. A Systematic Approach to the Psychoanalytic Treatment of Narcissistic Personality Disorders. International Universities Press, New York 1971.]
  • King BH, Ford CV (January 1988). "Pseudologia fantastica". Acta Psychiatrica Scandinavica. 77 (1): 1–6. doi:10.1111/j.1600-0447.1988.tb05068.x. PMID 3279719.
  • Lying. (n.d.). Dictionary.com Unabridged. Retrieved September 26, 2011, from Dictionary.com website: http://dictionary.reference.com/browse/lying
  • Mayes, Rick; Horwitz, Allan V. (2005-06-01). "DSM-III and the revolution in the classification of mental illness". Journal of the History of the Behavioral Sciences. 41 (3): 249–267. doi:10.1002/jhbs.20103. ISSN 1520-6696.
  • Rowe, D. (2010). Why we lie: The Source of Our Disasters. New York: HarperCollins.
  • Skeem, J. L.; Polaschek, D. L. L.; Patrick, C. J.; Lilienfeld, S. O. (2011). "Psychopathic Personality: Bridging the Gap Between Scientific Evidence and Public Policy". Psychological Science in the Public Interest. 12 (3): 95–162. doi:10.1177/1529100611426706.
  • Sutliff, Usha Liars' Brains Wired Differently (англ.) (29 September 2005). — Researchers have found the first proof of structural brain abnormalities in people who habitually lie, cheat and manipulate others.
  • Yang, Y.; Raine, A.; Narr, K.; Lencz, T.; LaCasse, L.; Colleti, P.; Toga, A. (February 2007). "Localisation of increased prefrontal white matter in pathological liars." (PDF). British Journal of Psychiatry, 190, 174–175.
  • И.М. Кондаков. Психология. Иллюстрированный словарь : словарь. — СПб. : «прайм-ЕВРОЗНАК», 2003. — 512 с. — 3000 экз. — ISBN 5-93878-093-4.
  • Всемирный биографический словарь (рус.). Проверено 26 мая 2013. Архивировано из первоисточника 27 мая 2013.
  • Prefrontal white matter in pathological liars (англ.). Проверено 5 февраля 2016. Архивировано из первоисточника 5 февраля 2016.

関連項目[編集]