暗所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

暗所恐怖症(あんしょきょうふしょう、: Nyctophobia: νυξ/nyx:夜 + φοβια/phobia:恐怖症)は、暗闇を病的に怖がることをいう。その症状としては息切れ、過度の発汗、吐き気、震え、動悸、発話・思考の不明瞭、現実感の喪失などが見られる。通常ヒト夜行性ではないため、明るい時と比べると、全く異なった環境である暗闇を少々警戒する。暗所恐怖症では、ヒトの本能的な恐怖を越えて症状が現われる。

患者には暗闇への異常で持続的な恐怖があり、暗闇が非常に恐ろしいものではないということが頭では分かっていても、不安を経験する。治療法は他の特定の恐怖症と共通する。

暗所恐怖症は子供に発症することが多い。

治療[編集]

暗所恐怖症の治療には、曝露療法(エクスポージャーともいわれる。治療者は、患者が暗闇に身を置くことをサポートし、暗闇に身を置いてから時間が経過するとともに徐々に不安が下がっていくということや、暗闇に身を置くことは全く危険ではないということを実感できるよう支援する)が用いられる[1]。その中で、患者が治療に積極的に取り組めるよう、曝露(暗闇に身を置くこと)の対象に映画館を設定し、患者が好きな映画を観に行くという治療目標を達成できるよう支援した事例も報告されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]