川治温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg川治温泉
YashioKoM.jpg
川治温泉街近くの八汐湖川治ダム
野岩鉄道会津鬼怒川線が通過する(右下)。
温泉情報
所在地 栃木県日光市
交通 鉄道 : 野岩鉄道川治湯元駅より徒歩約10分
自動車 : 日光宇都宮道路今市ICより約40分
泉質 単純泉
液性の分類 アルカリ性
外部リンク 川治温泉旅館組合
テンプレートを表示

川治温泉かわじおんせん)は、栃木県日光市(旧国下野国)にある温泉

泉質[編集]

  • アルカリ性単純泉

怪我に対する効能があるとされ、「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。

温泉街[編集]

鬼怒川と男鹿川の合流部付近、男鹿川沿いに約10軒の旅館ホテルが立ち並ぶ。

川沿いには「岩風呂」の愛称がある共同浴場露天風呂)の薬師の湯が存在する。

温泉街には、女陰の形をした霊石おなで石が祀られている。昔から女陰の亀裂に沿って撫でながら祈願すると、子宝、縁結び、安産などに霊験があるとされている。

歴史[編集]

開湯は江戸時代享保年間に、男鹿川の氾濫後に偶然発見したと言われる。

この地を通っていた会津西街道の宿場町として、また湯治場として栄えた。

1980年11月20日川治プリンスホテル火災が発生し死者45人、負傷者22人を出した。


アクセス[編集]


外部リンク[編集]