岡崎満義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡崎満義(おかざき みつよし、1936年- )は、日本の編集者・評論家。

略歴[編集]

鳥取県生まれ。京都大学文学部卒、文藝春秋入社、『文藝春秋』『週刊文春』『オール読物』編集部を経て、1980年創刊の『スポーツ・グラフィック・ナンバー』初代編集長、82-84年『文藝春秋』編集長をへて、99年退職[1]

著書[編集]

  • 長島茂雄はユニフォームを着たターザンである』大和書房 1983
  • 『人と出会う 1960~80年代、一編集者の印象記』岩波書店 2010
  • 『平成の漢詩あそび』西田書店 2017

共編[編集]

  • 『スポーツの今日を刻む スポーツジャーナリスト21人からのメッセージ』杉山茂,スポーツデザイン研究所共編. 創文企画 2002
  • 『アテネ五輪から見えた日本スポーツの未来』 (スポーツアドバンテージ・ブックレット) 杉山茂,上柿和生共編. 創文企画 2004
  • 『スポーツマネジメントの時代を迎えて』 (スポーツアドバンテージ・ブックレット)杉山茂,上柿和生共編. 創文企画 2005
  • 『2016東京オリンピック招致失敗で変わる日本のスポーツ』 (スポーツアドバンテージ・ブックレット)杉山茂,上柿和生共編. 創文企画 2009
  • 『企業スポーツの撤退と混迷する日本のスポーツ』 (スポーツアドバンテージ・ブックレット)杉山茂,上柿和生共編. 創文企画 2009
  • 『南アフリカW杯から見えた日本サッカーの姿』 (スポーツアドバンテージ・ブックレット)杉山茂,上柿和生共編 創文企画 2010
  • 箱根駅伝の正体を探る (スポーツアドバンテージ・ブックレット 杉山茂,上柿和生共編. 創文企画 2016

脚注[編集]

  1. ^ 『人と出会う』著者紹介