桐島洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桐島 洋子(きりしま ようこ、1937年7月6日 - )は、日本のエッセイストノンフィクション作家。長女は歌手・女優の桐島かれん、次女はエッセイストの桐島ノエル、長男は写真家の桐島ローランド

一時期、経済学者の青木昌彦と事実婚関係にあった[1]

人物・来歴[編集]

東京生まれ。父は三菱財閥に勤務していたが、元来は画家志望で、やはり三菱の重役だった祖父の命令で跡継ぎになった。教養ある文化人だった父から様々なことを教わった。桐島のHPで父母の日記等から、桐島家の歴史についての連載をした。

祖父の死後、父は上海に渡って新聞社を経営することになり、家族も同行した。1945年、敗戦の半年前に一家で日本に戻る。戦中戦後と両親は定職に就けず、家財を売り続け生活をし、神奈川県葉山で育つ。

清泉女学院中学都立駒場高校卒業。高校卒業後、文藝春秋新社(後の、文藝春秋社)に入社。1957年、20歳で雑誌『文藝春秋』の記者となる。

1962年、ダイビングで知り合った26歳年上のスコットランド系アメリカ人の退役海軍中佐(世界最深潜水記録を記録したこともある、ダイバーの草分けだった)と熱愛関係となる。相手は婚姻中で妻があったが妊娠し、1964年に「未婚の母」として、長女・かれんを産む。なお、編集の仕事をやめたくなかったので、いつも大きなブラウスを着て出勤して職場には妊娠を隠し、最後の2ヶ月は病気休暇をとって出産し、その後1週間で職場に復帰した。かれんは、千葉の知り合いの未亡人に預けた。

翌1965年、次女ノエルを身ごもり、やはり長期休暇を取って会社には内緒で産むつもりが、業務多忙のため適わず、退社してフリーのライターとなる。なお、「出産休暇」のために予定していた2ヶ月のヨーロッパ旅行にはそのまま出かけ、「船上出産は医療費がかからない」ため、マルセイユから帰国の船にのり、到着直前のクリスマスの朝にノエルを出産。ノエルはすぐに、かれんと同様に未亡人に預けた。

1967年、愛人がベトナム行きの船の船長になったため同乗し、戦争下のベトナムに赴く。書類を偽造してプレス・パスを入手し、「従軍記者」として戦地を取材。帰国後の1968年に、ベトナムでみごもっていた長男・ローランドを出産。ローランドは愛育病院に託す。

1968年、愛人は、最初の妻と離婚後、別の女性と結婚した。愛人との関係を清算するためもあり、ローランド出産後すぐ、かれんのみを連れてアメリカへ。かれんは東海岸の保育所に預け、単身アメリカを放浪し様々な職業につく。ロスアンゼルスで新しい恋人ができた為、子どもたちを呼び寄せ、「万が一の場合の子供たちへの遺書」的な意味もこめて、「破天荒なシングル・マザー」としての経験を書いた自伝的エッセイ『渚と澪と舵 ふうてんママの手紙』(題名は、三人の子の日本名)を1970年に刊行。新しい女の生き方を示して、多くのファンを得る。

アメリカに送られてきたファンレターを読み、日本で文筆生活をして生きていこうと決意し、同1970年帰国。アメリカ放浪中に、新聞の「男女交際欄」に自ら応募した体験などから、アメリカ人の寒々とした心象を描写した『淋しいアメリカ人』を翌1971年に刊行。大宅壮一ノンフィクション賞を受賞する。

以降、女性の生き方についての本などを多数、執筆、翻訳する。1976年の『聡明な女は料理がうまい』はベストセラーに。その印税で、一家でニューヨーク郊外の緑あふれる高級避暑地であるイーストハンプトンの大きな借家で1年暮らした。その生活は著書、『マザー・グースと三匹の子豚たち』に描かれている。

また、1977年に創刊された女性雑誌「クロワッサン」が、1978年から「新しい女性の生き方を追う雑誌」に路線を変更すると、「カリスマ・シングル・マザー」として「生きかたの見本」として20代の読者たちから憧れの対象になる。だがこのことでのちに、1988年刊行の松原惇子クロワッサン症候群』で批判された。

骨董の収集を趣味とし、1982年、45歳の時、12歳年下の美術鑑定家・エッセイストの勝見洋一と結婚。五年目から、署名捺印した離婚届をお互いが持ち、自由な関係にしておいた。

1987年、50歳で人生の「林住期」を宣言しバンクーバーの別邸を買い、「林住庵」と名づけて年の3分の1を住むようになる。

1990年代から、サントリー学芸賞社会・風俗部門選考委員を務めたが、2000年度、勝見がこの部門で受賞したことで、批判を受けた(ベスト・エッセイ集『象が歩いた』参照)。翌年、選考委員を辞任、また2002年、勝見とも離婚し友達関係に戻った。

また、近年は気功を始めとした、スピリチュアリズムに傾倒している。1994年の著書『見えない海に漕ぎ出して』では、超能力心霊治療サイババの奇跡、インディアンの秘薬などについて書かれている。

2007年に70歳を迎えたことを期に、2008年1月から中目黒の自宅で私塾「森羅塾」を主宰する。

著作[編集]

単著
  • 『渚と澪と舵』オリオン出版社 1970 のち「風の置手紙」と改題、角川文庫、原題に戻して文春文庫
  • 『淋しいアメリカ人』文藝春秋 1971 のち文庫
  • ボトムレスUSA 性的人間紀行』R出版 1971
  • 『人間直言 桐島洋子対談集』ゆまにて出版 1974
  • 『生きることを熱烈に愛する40のおはなし』じゃこめてい出版, 1975 「りんごの樹の下で」と改題、角川文庫
  • 『女がはばたくとき 愛・自由・旅のノオト』PHP研究所 1975 のち角川文庫
  • 『蒼空に出逢いを求めて』PHP研究所 1976 のち角川文庫
  • 『聡明な女は料理がうまい 女ひとりの優雅な食卓から-パーティのひらき方まで』主婦と生活社 1976 のち文春文庫
  • 『女ざかりの美学 優雅な成熟の季節に』じゃこめてい出版 1976 のち角川文庫
  • 『大統領まで裸になって ボトムレスUSA軽紀行』住宅新報社 1976
  • 『さよならなんてこわくない』日本交通公社出版事業局 1977 のち角川文庫
  • 『マザー・グースと三匹の子豚たち』文藝春秋 1978 のち文庫
  • 『貴方にもこの潮風を樹の匂いを』文藝春秋 1978 のち角川文庫
  • 『ふり向けば青い海 私の航跡ノート』じゃこめてい出版 1978 のち角川文庫
  • 『おんなの愛情未来学』編著 講談社 1979
  • 『女ざかりからの出発』文化出版局 1979 のち角川文庫
  • 『比較男類学 ユニーク対談』日本交通公社出版事業局 1980
  • 『男ざかりの美学』文藝春秋 1981 のち文庫
  • 『マザーグースとお茶を 対談集 桐島洋子と9人の素晴らしき女性たち』婦人生活社 1981 のち角川文庫
  • 『女ざかりからの旅』文化出版局 1982 のち角川文庫
  • 『家族になるものこの指とまれ』文藝春秋 1983 のち文庫
  • 『大草原に潮騒が聴える』文藝春秋(書下ろしノンフィクション) 1984 のち文庫
  • 『カレンとノエルとママ洋子』角川文庫 1984
  • 『牡蛎は饒舌だった 美食の貝合わせ』ティビーエス・ブリタニカ 1984 副題を正題にして角川文庫
  • 『女の午后の胸さわぎ』角川書店 1986 のち文庫
  • 『猫のようにしなやかに地球を歩こう』角川書店 1986
  • 『虹子の冒険』光文社 1987
  • 『魔女のホウキに乗っかって マザーグースと三匹の子豚たちの世界一周卒業旅行』ハイセンス出版 1988
  • 『林住期が始まる 華やぎの午後のために』海竜社 1989
  • 『林住期ノート 人生の秋を生きる』世界文化社 1990
  • 『刻のしずく 続・林住期ノート』世界文化社 1991
  • 『見えない海に漕ぎ出して 私の「神」探し』海竜社 1994
  • 『林住期を愉しむ 水のように風のように』海竜社 1998
  • 『ガールイエスタデイ わたしはこんな少女だった』フェリシモ 1999
  • 『いつでも今日が人生の始まり! 50代からの気持ちのいい生き方・暮らし方』大和書房 2003 「50歳からのこだわらない生き方」文庫
  • 『女が冴えるとき』グラフ社 2005
  • 『残り時間には福がある』海竜社 2006
  • 『骨董物語』講談社 2006
  • 『バンクーバーに恋をする 大人の旅案内 カナダブリティッシュコロンビア』角川・エス・エス・コミュニケーションズ、2010
  • 『聡明な女たちへ しなやかに生きる37章』大和書房 2010
  • 『聡明な女は料理がうまい』アノニマ・スタジオ 2012
  • 『人生はまだ旅の途中 いくつになってもお転婆ガール!』大和書房 2013
  • 『ほんとうに70代は面白い』海竜社 2014
  • 『凜とした女の選択』主婦と生活社、2015 
共著
  • 『つよい女は美しい 新おんな考』小沢遼子対談 ゆまにて出版 1974
  • 『対談女が斬る』小沢遼子 講談社 1976
  • 『男と女』池田満寿夫 講談社 1978 のち角川文庫
  • 『知的野生教育 親が子に与えるべき“3つの自立"』竹村健一 祥伝社 1978
  • 『聡明な女は身体を磨く』桐島ノエル共著 フェリシモ 1999
訳書

参考文献[編集]

  • 「ふたたび「桐島洋子」入門」『週刊朝日』2004年11月5日号)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『立花隆の書棚』p.377