奥山融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥山 融(おくやま とおる、1924年1月21日 - 2009年11月7日)は、日本実業家映画プロデューサー。元松竹社長。創業家である白井家、大谷家以外からは永山武臣以来2人目の社長であった。その際、奥山は映画、永山は演劇と、完全に役割分担され、社内は事実上の分社のような状態であったといわれる。父は元松竹専務の奥山市三、次男は元松竹専務、チームオクヤマ代表の奥山和由[1]

経歴[編集]

京都市出身。京都府立京都第一中学校第五高等学校を経て、1947年京都帝国大学法学部政治学科卒業。同年大和証券入社。1951年松竹入社。主に映画興行部門、国際部門を歩き、1955年プロデューサー、国際部長を経て1968年取締役、1971年常務、1974年専務、1978年副社長。1986年松竹大船撮影所50周年を期して「ニュー大船調」を打ち出す。1991年社長に就任。黒澤明監督『八月の狂詩曲』などを手掛けたほか、創業100周年記念として「鎌倉シネマワールド」をオープンさせた。また、シネマコンプレックスの展開、映画ファンドの設立、CS放送への参入など映像部門で積極的な事業拡大を図った。

1998年1月、業績不振を理由に社長を解任され、専務で次男の和由ともども松竹から“追放”される[2]

その後、CS放送の新チャンネルを開局する準備を始め、健康・医療専門の「ヘルスネットチャンネル」として認可も受けたが断念。インターネットに転じて、中高年向け情報サイト「ベストライフ」を運営する。最晩年は心筋梗塞で倒れ、その病床で半生記を執筆し、映画業界への提言をまとめていたという。遺書によってその死はしばらく伏せられていた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 萩原和也 (2009年11月30日). “奥山元松竹社長の“遺言”息子・和由氏が思い代弁”. zakzak by 夕刊フジ (産経新聞社): 映画・音楽. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/movie_music/news/20091130/mov0911301614003-n2.htm 2014年9月18日閲覧。 
  2. ^ “奥山融氏死去 元松竹社長”. 共同通信. (2009年11月27日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112701000281.html 2014年11月7日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『松竹百年史』(1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]