高坂真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こうさか まこと
高坂 真琴
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本大阪府
生年月日 (1950-03-22) 1950年3月22日(69歳)
職業 声優
事務所 東京俳優生活協同組合[1]
公称サイズ([2]時点)
身長 / 体重 154 cm / 55 kg
活動
活動期間 1970年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

高坂 真琴(こうさか まこと、1950年[3]3月22日[1] - )は、日本女性声優大阪府出身[1]東京俳優生活協同組合所属[1]

経歴[編集]

東京都立小山台高等学校卒業[4]。1968年、劇団青い実の会に所属し、ユニオンプロを経て、1974年から東京俳優生活協同組合に所属[1]

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1969年

1971年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1984年

1985年

1987年

1988年

2007年

OVA[編集]

1985年

1989年

劇場アニメ[編集]

1970年

  • アタックNo.1(大木)
  • アタックNo.1 涙の回転レシーブ(大木)

1979年

1981年

1986年

ゲーム[編集]

1999年

2000年

2001年

2002年

2004年

2005年

吹き替え[編集]

1976年

特撮[編集]

CM[編集]

コンバット・アニメ篇(大日本除虫菊
アニメのキャラクターの少女(マコちゃん - 高坂真琴の名から)が楽しくスキップしながらコンバットの効用を説明するCMなのだが、ラストにまさしく大阪のおばちゃん風[注 1] の高坂本人が登場、オチでアフレコのスタジオに切り替わり「マコちゃんホントは、55歳! いや〜ん!」と実年齢をカミングアウトしてしまう、強烈なインパクトのCM[注 2]。2006年に放映。
2007年は、続編となる「トリオ篇」にも出演。コンバットが大中小の3種類になったことで、マコちゃんも大中小の3人に増殖。ラストでは、高坂真琴(中)と、池谷のぶえ(大)、文月くん(小)の3人が、アニメのマコちゃんと同じコスプレで登場する。この3人は、体格もまさに大中小で、前作を上回るインパクトがある。なお、マコちゃんの声もこの3人で担当している。

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 金鳥のHPによると、わざと老け顔にメイクしたとのこと
  2. ^ ただし高坂本人の当時の実年齢は56歳

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 高坂 真琴 - 俳協”. haikyo.co.jp. 2020年1月11日閲覧。
  2. ^ 高坂真琴”. 東京俳優生活協同組合. 2003年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月19日閲覧。
  3. ^ 高坂真琴(こうさかまこと)のプロフィール・画像・出演スケジュール|【スタスケ】(000014258)”. ザテレビジョン. 2020年1月19日閲覧。
  4. ^ 『日本タレント名鑑(1988年版)』VIPタイムズ社、1988年、343頁。
  5. ^ エースをねらえ!”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ 新・エースをねらえ!”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  7. ^ 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ”. 日本アニメーション. 2016年6月21日閲覧。
  8. ^ エースをねらえ! 劇場版”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]