俺はまだ本気出してないだけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

俺はまだ本気出してないだけ』(おれはまだほんきだしてないだけ)は青野春秋による日本の漫画作品、およびそれを原作とする2013年公開のコメディ映画

青野の短編『走馬灯』が第17回イキマン月刊IKKI新人賞)を受賞した後、その主人公・大黒シズオをそのまま主人公とした数本の短編を経て、『月刊IKKI』誌上で連載化に至った[1]。なお、2012年8月号で連載は終了している。2013年スピンオフ読切短編集「俺はもっと本気出してないだけ」発売。

あらすじ[編集]

会社員・大黒シズオは、40歳にして漫画家を目指すべく突然会社を辞めてしまう。そんなシズオと彼らの交流を描いたコメディ。

登場人物[編集]

大黒シズオ(おおぐろ しずお)
40歳で漫画家になろうと決心して会社を辞めた男。ハンバーガーショップでバイトをしながら雑誌「EKKE」に持込を続けている。当初は本名で持込をしていたが、途中で「中村パーソン」というペンネームで持込をするようになる。バツイチ。
大黒鈴子(おおぐろ すずこ)
シズオの娘。建築家になろうと、フィンランドに留学を目指している。留学資金を稼ぐために風俗で働いていたが、シズオの進言で辞めている。aikoのファン。
大黒志郎(おおぐろ しろう)
シズオの父。シズオを見るたびに説教せずにはいられない。かつては流行らない居酒屋を経営していた。シズオが中学生のとき、妻を病気で亡くしている。
市野沢秀一(いちのさわ しゅういち)
金髪で無職の青年。シズオが働いているハンバーガーショップやキャバクラなど、バイトを転々としていた。後に宮田の経営するパン屋で働くようになる。志郎とは馬が合う。妹がいる。
宮田修(みやた おさむ)
シズオの小学校時代からの幼なじみ。サラリーマンをしていたが、脱サラしてパン屋になった。バツイチで、パン好きの息子と時々会っているが、前妻から「再婚するから息子のことは忘れてほしい」と言われ苦悩する。
村上政樹(むらかみ まさき)
シズオの担当編集者。シズオの作品より、シズオの生き様に興味を持っている様子。
目黒真由美(めぐろ まゆみ)
「EKKE」の美人編集者。「EKKE」で「やる気MAX」を連載している漫画家・辻雄介の担当で、私的にも恋愛関係にある。
宇波綾(うなみ あや)
村上が退社したため、新たにシズオの担当となった編集者。シズオに毎回厳しい言葉を浴びせる。父親を亡くしており、父親は売れない小説家だった。

書誌情報[編集]

映画[編集]

俺はまだ本気出してないだけ
監督 福田雄一
脚本 福田雄一
原作 青野春秋
製作総指揮 佐藤直樹
出演者 堤真一
橋本愛
生瀬勝久
山田孝之
濱田岳
指原莉乃
賀来賢人
ムロツヨシ
川久保拓司
秋元黎
ドナルド・アッシュ
蛭子能収
尾上寛之
小柳心
村松利史 
池田成志
佐藤二朗
水野美紀
石橋蓮司
音楽 ゴンチチ
主題歌 SCANDAL
会わないつもりの、元気でね
製作会社 「俺はまだ本気出してないだけ」製作委員会
配給 松竹
公開 2013年6月15日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.2億円
テンプレートを表示

福田雄一監督・脚本、堤真一主演で2013年6月15日公開。松竹配給。

全国147のスクリーンで公開され、2013年6月15、16日の初日2日間で興収6,803万500円、動員5万846人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第5位となった[7]。最終興収は3.2億円[8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]