ローカル枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ローカル枠(ろーかるわく)とは、番組ネットワークにおいて、

  1. ローカル番組地域情報番組)を放送する時間の枠。「地域情報枠」とも。
    • ニュース番組情報番組などのネットワーク番組に含まれる、地元放送局からの情報に差し替える部分。
    • ネットワーク番組ではなく、地元放送局からの番組を放送する時間帯。
  2. 民間放送のネットワークにおいて、番組スポンサーを各放送局で調達する時間帯。「ローカルセールス枠」ともいう。

テレビのローカル枠[編集]

テレビの場合はキー局からの情報が終わったあと、キー局以外では画面音声を切りかえて地元の情報を伝える、という編成方式がある。こっ子で放送される各局制作の部分はおおむねニュース天気予報が中心である。終わってネット番組に戻る場合、キー局発信の情報が見切れて入ってくることがある。特に天気予報では、全国の天気予報と関東地方の天気予報ではBGMが異なる事がある。

ローカル枠・ローカルセールス枠のある番組 (2020年4月現在)[編集]

W:ローカル枠あり、S:セールス枠あり

NTV(日本テレビ放送網
TBSテレビ
CX(フジテレビジョン
EX(テレビ朝日

ラジオのローカル枠[編集]

ローカル枠設置番組[編集]

NHK-FM
JFN系列
JRN系列