監獄のお姫さま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
監獄のお姫さま
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2017年10月17日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 磯山晶(兼・編成)
演出 金子文紀
福田亮介
坪井敏雄
渡瀬暁彦
脚本 宮藤官九郎
プロデューサー 金子文紀
宮﨑真佐子
出演者 小泉今日子
満島ひかり
伊勢谷友介
夏帆
塚本高史
坂井真紀
森下愛子
菅野美穂
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
エンディング 安室奈美恵Showtime
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

監獄のお姫さま』(かんごくのおひめさま)は、2017年10月17日からTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されているテレビドラマである。主演は小泉今日子、脚本は宮藤官九郎。小泉今日子の宮藤作品出演は『あまちゃん』以来となる[1]。公式な通称は『プリプリ』(プリズン・プリンセスの略)[2]

あらすじ[編集]

2017年のクリスマス・イヴ、「イケメン社長」として名を知られるEDOミルク(旧・江戸川乳業)社長の板橋吾郎は、テレビ番組出演中に息子の勇介が誘拐されたことを知る。この誘拐は馬場カヨ大門洋子勝田千夏足立明美若井ふたばら数名の女たちが数年にわたり計画したものだが、実行に際してはトラブルが散発し混乱していた。事件を通報せず身代金集めに走る吾郎だがその金策相手も千夏ら犯行グループで、罠にかかった吾郎は彼女らに拘束され、引き換えに勇介は解放される。彼女たちの目的は金ではなく、6年前に吾郎の婚約者だった江戸川乳業の社長令嬢・江戸川しのぶが恋敵の横山ユキを殺害したとされる事件の真犯人が、吾郎自身であると告白させることだった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

馬場 カヨ(ばば カヨ)
演 - 小泉今日子[3]
元銀行員のキャリアウーマンで、現在は主婦で結婚歴15年。口癖は「冷静に」。皆から最初は「馬場カヨ」とフルネームで呼ばれていたが、通称「冷静に」で呼ばれつつある。称呼番号[注 1]は「69」。
年下夫の不倫をきっかけに夫を刺してしまい、殺人未遂の罪で懲役5年の実刑判決を受けて、刑期を終え出所した。
若井(古井) ふたば(わかい〈ふるい〉 ふたば)
演 - 満島ひかり[4]
EDOミルク社長秘書。通称「先生」。
刑務官剣道二段。
板橋 吾郎(いたばし ごろう)〈40〉[注 2]
演 - 伊勢谷友介[5]
EDOミルク(旧・江戸川乳業)社長。
6年前、江戸川乳業で世襲のしのぶを推す守旧派と吾郎を推す改革派の間で後継者争いが起こった際、しのぶと恋仲になり江戸川家に婿入りする形で争いが収まるはずだったが、別にいた吾郎の恋人・ユキを交えてトラブルになり、しのぶが恋敵を殺害したとされる通称「爆笑ヨーグルト姫事件」に関して、カヨたちの復讐のターゲットになる。事件後、社長に就任して社名変更を含め対応に尽力して事を収めると「イケメン社長」として名を知られ、テレビ番組のコメンテーターやアイドル紛いのチャリティーイベントなどを行っている。また、事件後は晴海と結婚し息子をもうける。
江戸川 しのぶ(えどがわ しのぶ)
演 - 夏帆[4]
かつての江戸川乳業の社長令嬢。通称「」。
吾郎の恋人・ユキを殺害した冤罪を着せられ、「自立と再生の女子刑務所」で服役中。事件報道の際、船上で爆笑している映像がたびたび流れたために、事件は「爆笑ヨーグルト姫事件」と称される。この映像は吾郎から婚約について礼を言われている場面で撮られたものである。
大門 洋子(だいもん ようこ)
演 - 坂井真紀[4]
会員制バー「シェルポ」のバーテンダー。通称「女優」。口癖は「私、女優よ」。称呼番号は「31」。
詐欺と横領で捕まり、刑期を終え出所した。
足立 明美(あだち あけみ)
演 - 森下愛子[4]
元指定暴力団組長夫人。通称「姐御」。称呼番号は「24」。
違法薬物不法所持で捕まり、刑期を終え出所した。
勝田 千夏(かつた ちなつ)〈40〉[注 2]
演 - 菅野美穂[4]
カリスマ経済アナリスト。通称「財テク」。称呼番号は「18」。
所得隠しと巨額の脱税で捕まり、刑期を終え出所した。

その他[編集]

長谷川 信彦(はせがわ のぶひこ)
演 - 塚本高史
検察官検事[注 3]
板橋 晴海(いたばし はるみ)
演 - 乙葉[6]
吾郎の妻。EDOミルクのCMにタレントとして出た縁で吾郎と結婚する。
横山 ユキ(よこやま ユキ)
演 - 雛形あきこ
吾郎のかつての恋人。「爆笑ヨーグルト姫事件」の被害者。
小島 悠里(こじま ゆうり)
演 - 猫背椿
とある美容室の店長。通称「しゃぶ厨」。称呼番号は「56」。
薬物中毒で捕まり、刑期を終え出所した。
弁護士
演 - 西沢仁太
刑事・池畑(けいじ・いけはた)
演 - 米村亮太朗
馬場 公太郎(ばば こうたろう)
演 - 神尾楓珠
カヨの息子。カヨとは別居している。
今池 周太郎(いまいけ しゅうたろう)
演 - 上川周作
長谷川の検察事務官
専務
演 - 岩寺真志
EDOミルクの専務。
板橋 勇介(いたばし ゆうすけ)
演 - 前田虎徹
吾郎・晴海の息子。『海洋戦隊シンカイジャー』のファン。サンタクロースを心から信じている一方、非常に口が悪く、洋子を「生理的に無理」などと容赦なく罵る。
護摩 はじめ(ごま はじめ)
演 - 池田成志
女子刑務所所長。

ゲスト[編集]

第1話
サンデージャポン進行アシスタント
演 - 吉田明世TBSアナウンサー)
サンデージャポンMC
演 - 爆笑問題太田光田中裕二)(特別出演)
サンデージャポンナレーション
演 - 広中雅志
第2話
押切 もえ(おしきり もえ)[7]
演 - 本人

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[8] 演出 視聴率 備考
第1話 10月17日 誘拐 金子文紀 9.6%[9] 15分拡大
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 刑務所内において個人識別で一人一人に与えられる番号。
  2. ^ a b 第1話劇中テレビ番組テロップより。
  3. ^ 表札で記されている。

出典[編集]

  1. ^ “小泉今日子×クドカン「あまちゃん」以来のタッグ! 今度は女囚復讐劇「面白いこと間違いなし」”. スポーツ報知. (2017年7月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170725-OHT1T50219.html 2017年7月26日閲覧。 
  2. ^ 『監獄のお姫さま』TBS火ドラ☆公式、2017年7月26日6:40のツイート2017年7月29日閲覧。
  3. ^ “小泉今日子×クドカンあまちゃんタッグTBSドラマ”. 日刊スポーツ. (2017年7月26日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1861753_m.html?mode=all 2017年7月26日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “菅野美穂、初クドカン作品「ワクワク」 満島ひかりは共演者に「うひゃー」”. サンケイスポーツ. (2017年7月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170726/geo17072605040002-n1.html 2017年7月26日閲覧。 
  5. ^ “伊勢谷、民放初の連ドラで「最悪の人演じます」”. スポーツ報知. (2017年8月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170814-OHT1T50350.html 2017年8月15日閲覧。 
  6. ^ 『監獄のお姫さま』乙葉が11年ぶり連ドラレギュラー出演 TBSホット情報 2017年9月25日
  7. ^ “押切もえ、本人役で『監獄のお姫さま』出演 常識はずれな“ジェイルウェア”考案”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2099130/full/ 2017年10月19日閲覧。 
  8. ^ TBSオンデマンド 監獄のお姫さま
  9. ^ “小泉今日子主演、クドカン脚本の「監獄のお姫さま」初回視聴率は9.6%”. スポーツ報知. (2017年10月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171018-OHT1T50038.html 2017年10月18日閲覧。 

外部リンク[編集]

TBS系列 火曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
カンナさーん!
(2017年7月18日 - 9月19日)
監獄のお姫さま
(2017年10月17日 - )
-