脱走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

脱走(だっそう)とは囚われている、あるいは束縛されているような場所から抜け出し、逃げだすことである。

捕虜収容所からの脱走[編集]

第二次世界大戦中、連合国側は将兵に対してドイツ軍捕虜収容所からの脱走を奨励しており、脱走の専門要員をわざと捕虜にさせて収容所に送り込み、脱走計画の指揮を取らせていた。これは脱走者が出ればその捜索に多くの人員が割かれ、その分だけ敵の戦力を削ぐ事が出来る為である。

中でも有名なのは1944年、ドイツ軍の第3捕虜収容所イギリス空軍のロジャー・ブッシェル少佐指揮のもと起こった大量脱走で、後にこの史実を元に名画『大脱走』が製作された。

軍隊における脱走[編集]

軍人軍属が正規の除隊手続きを踏まずに所属を離れる事を脱走や脱柵と呼ぶ。規律を乱すため軍法で処罰される。英語ではAbsent Without Leave、略してAWOL。

戦闘中の脱走は特に敵前逃亡と呼ばれ、平時における脱走よりも重罪で死刑など重刑に処されることが多い。敗走中など規律が弛んでいる場合に起こりやすい。軍事的に半数の損害が出る事を全滅というのは近代以前においてそれほどの損害が出れば脱走が相次ぎ部隊が自然消滅してしまったからである。

また当然ながら本人の意思に反して徴兵される場合や軍隊および政権の正当性や支持に問題がある場合に起こりやすい。また新しい環境になれず、しごきに遭いやすい新兵の時期がもっとも脱走が多い。

刑務所等からの脱走[編集]

日本では刑務所留置場からの脱獄逃走罪となり最高1年の懲役、手錠や収容房を破壊しての脱走は加重逃走罪となり最低3ヶ月最高5年の懲役に処される(刑法第97・98条)。また、少年院等に関しては、少年院法第十四条にて連れ戻しに関しての規定が定められている。なお、2011年に少年院から鉄格子を切断して脱走した少年の例では、建造物損壊罪の容疑で指名手配が行われた例がある[1]

映画[編集]

参考文献[編集]

  • エリック・ウィリアムズ『トンネル脱走作戦』中尾明(訳)、講談社、1972年
  • パトリック・リード『コルディッツ大脱走』皆藤幸蔵(訳)、光文社、1973年
  • パトリック・リード『続コルディッツ大脱走』皆藤幸蔵(訳)、光文社、1974年
  • ポール・ブリックヒル『大脱走』工藤 政司(訳)、早川書房、1977年
  • 高橋武智『私たちは、脱走アメリカ兵を越境させた…ベ平連/ジャテック、最後の密出国作戦の回想』(作品社、2007年)

出典[編集]

  1. ^ “少年院脱走事件:手配の18歳を逮捕 大阪府警”. 毎日新聞. (2011年9月23日). オリジナル2011年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110925012821/mainichi.jp/select/today/news/20110923k0000e040037000c.html 2011年9月24日閲覧。 

関連項目[編集]