保冷剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市販の保冷剤

保冷剤(ほれいざい)は、物体を低温に保つために用いられる薬剤である。

概要[編集]

主に食品腐敗を防ぐため、および人の発熱時になどにあてる熱冷ましや、暑い時に涼をとるために使われる。蓄冷剤(ちくれいざい)とも称す。

一般に袋詰めされて使用・市販されている保冷剤(アイスパック)には約99パーセントのと高吸水性樹脂(ポリアクリル酸ナトリウム)、防腐剤、形状安定剤が含まれている。常温で温まり溶けた状態で保冷効果はないので、まず冷凍庫で十分に凍らせてから使用する。

保冷剤は、使用して温まってしまっても、再び冷凍させれば繰り返し使うことができる。そのため、や、使う度に新しい氷や水を入れ換えなければならない水枕氷枕、使用する際に昇華してしまうため1回しか使用できないドライアイスと比べても利便性、経済性に優れている。氷点下を含めた冷却温度の下限や持続時間が改良されており、ドライアイスからの代用も進んでいる[1]

用途、形状[編集]

保冷剤は、その用途によって様々な大きさ・形状がある。日本には複数の製造会社があり、2008年に「日本保冷剤工業会」が設立された[2]

食品の腐敗を防ぐために使用される保冷剤[編集]

食品の宅配時などに、箱に一緒に梱包されて使用されるものは、小型や細長いものが多く、凍らせるとカチカチに硬くなる。

また、ケーキなどを店で買って、自宅まで持ち帰るまでの時間を想定してケーキの箱の裏に貼りつけられるような超小型で薄いものもある。

人体に使用する保冷剤[編集]

人体用の保冷剤として代表的なのは、発熱時に氷枕の代わりとして頭の下へ敷いて使用する保冷枕である。30×20センチメートルくらいの大きさで、3センチメートル程度の厚みがあり、凍らせてもカチカチに硬くならず、適度に弾力性を保っている。

一般的に上記のような製品は、昔ながらのゴム製の詰め替え式氷枕・水枕と区別するために、大手の商品名からアイスノンと呼ばれる事が多い。しかし水枕を知らない若い世代の人が「氷枕」と言うと、アイスノンのような保冷枕の事を指している場合もある。

その他、暑い時に涼を取る場合や、スポーツや怪我をした時のアイシング脱毛エステサロンで体のクーリングなどの目的で使用されるような保冷剤は、いずれも人が片手で持てる大きさの保冷剤を使うことが多い。面積が大きくても複数のセルに分かれていて折り畳んだ襟たたんだり、巻けるようになっていたり、マフラーのように首に巻いたり、ハチマキのように額に巻いたりして使用できるように薄く細長くなったものなど様々な形状が存在する。

いずれも、保冷剤を人体に使用する時は凍傷を防ぐため、皮膚に直接当てず、間にタオルガーゼなどを挟むことが望ましい。

節電猛暑などの影響から、暑い時の就寝時にシーツの上に敷いて使用する製品が2007年頃から登場した。このような製品は冷凍庫で凍らせなくても(そもそも大きくて家庭の冷凍庫に入らない)常温の状態で十分涼感を味わうことができ、直接肌に当てても凍傷の心配がない。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 【商品・サービス夏模様】(1)保冷剤工場は大わらわ/ドライアイス不足で拍車『日本経済新聞』朝刊2018年8月14日(マーケット商品面)2018年8月14日閲覧。
  2. ^ 日本保冷剤工業会(2018年8月14日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]