誘拐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

誘拐(ゆうかい、英語: kidnapping)とは、他人を騙して誘い出して連れ去ること[1]。「かどわかし」[2]とも言う。

日本の法律用語[編集]

日本の法律用語としての「誘拐」とは、欺く行為や誘惑を手段として、他人の身柄を自己の実力的支配内に移すことをいう。暴行脅迫を用いた連れ去りを「誘拐」と呼ぶのは本来誤りだが(あらゆる国語辞典で「誘拐」に強制的なニュアンスは見られない)、マスコミにおいては、意思に反して無理矢理連れ去ること(拉致・略取)に関しても「誘拐」という言葉が用いられ、日常用語でもそのような傾向が見られる。

刑法学上、偽計によるものと暴行脅迫によるものを総合した概念は、「拐取」(かいしゅ)である[3][注 1]

誘拐事件[編集]

世界における誘拐[編集]

日本における誘拐[編集]

警察庁によると、第二次世界大戦後に起きた身代金目的誘拐事件は、2006年(平成18年)6月時点で288件。このうち、被害者殺害された事件は34件。被疑者(容疑者)が逮捕されず未解決となっているのは8件で、それ以外はすべて解決している。また、未解決の8件でも犯人が身代金搾取に成功した例は1件もない。うち58件は、捜査当局と報道機関の間で報道協定が締結されていた。

誘拐の目的[編集]

労働力の確保[編集]

2010年代の中華人民共和国では、行方不明になる子供は年間20万人と推測されるが、多くは犯罪組織に誘拐され、農村部に労働の担い手や後継ぎとして売買されるケースが多いとみられている[12]

麻薬組織の活動[編集]

2013年メキシコで誘拐被害に遭った者は10万2,883人。多くは、メキシコ麻薬戦争による対立や麻薬組織の活動による部分が多い[13]

婚姻[編集]

エチオピアでは誘拐婚が一般的な州があり、2004年以前の調査ではあるもののオロミア州で80パーセント、南部諸民族州で92パーセント、国全体の平均で69パーセントが誘拐による結婚とする統計がある[14]。 また、キルギスでも花嫁と決まった女性を拉致して結婚する、アラ・カチューと呼ばれる誘拐婚が風習として残っている。

儀式[編集]

2014年ウガンダ国内で発生した誘拐事件は、未遂を含め2,898件が発生。うち病院から新生児が誘拐された事件は236件であり、主に神への供物悪魔払いに使う目的で誘拐されている[15]

文化[編集]

使用されるとされる車
  • トヨタ・ハイエース - アニメ・漫画などの文化作品で使用されることが多かったことから、ハイエースが動詞としても使われた。ハイエース自体も日本損害保険協会の盗難被害調査によると、2007年から連続で1位、その後は首位を奪われるも安定して高い盗難割合となっている[16]
  • ブラックヴォルガ英語版(ポーランド語:czarna wołga) - 1960年代ごろから、ロシアや東欧圏でロシアの自動車メーカーGAZが作った黒いGAZ Volga英語版を目撃すると近くの人がいなくなるという都市伝説が噂された。
  • 黒い救急車英語版 - ブラックヴォルガの救急車バージョンとしてルーマニアなどで噂された。
  • 白タク - 無許可でタクシー営業を行っている車。

自衛について[編集]

  • 逃げる。コンビニなどの駆け込める場所を常日頃から確認しておき、駆け込めるように覚えておく。
  • どこかに行く場合は、誰と行くのかを伝える。多くの場合で、誘拐するのは親や知人であり、見知らぬ人の割合は25%とされる[17]
  • 自分が写った写真を簡単にオンラインの状態に置かない。誘拐犯に目を付けられるだけでなく、活動範囲などが把握され、誘拐する場所などの計画に利用される。
  • 子供を一人にしない。
  • 状況に注意を引くために叫ぶ。気が付いた通行人がナンバープレートをひかえるだけでも救出の助けになる。
  • 戦う。周囲の物に目を向け、武器として使えるものを探す。
  • 観察する。おちついて状況を把握し、逃げられる機会をうかがう。
  • 犯人を落ち着かせる。自分は人間であることを伝える[18]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語の文学上も辞書的な意味でも「誘拐」と「略取」の意味と使い分けは、法律用語とほぼ同様である。
出典
  1. ^ 広辞苑
  2. ^ 大辞泉「誘拐」
  3. ^ 井田良(2016)『講義刑法学・各論』130頁
  4. ^ 焦点:「ハイチ社会は地獄に落ちた」、誘拐激増でおびえる市民”. ロイター (2021年5月2日). 2021年5月2日閲覧。
  5. ^ 『朝日新聞』1982年3月30日東京夕刊第4版第二社会面12頁「山梨の司ちゃん誘拐殺人 Kに死刑判決 甲府地裁 心神喪失認めず」(朝日新聞東京本社)
  6. ^ 『朝日新聞』1985年3月20日東京夕刊第4版第一社会面19頁「山梨の園児誘拐犯K 死刑破棄し無期 東京高裁判決」(朝日新聞東京本社)
  7. ^ YBSワイドニュース カメラが追った県内の40年の出来事 1975年(昭和50年)4月1日スタート” (日本語). YBSワイドニュース. 山梨放送 (YBS) (2015年). 2021年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月16日閲覧。
  8. ^ 山崎輝史「未解決のまま…父2人、傷つき30年 2日続け誘拐殺人」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2017年9月15日。2021年2月16日閲覧。オリジナルの2021年2月16日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 山本知佳「なくせぬ命失い30年 捜査1課、受け継ぐ「常山之蛇」」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年10月29日。2021年2月16日閲覧。オリジナルの2021年2月16日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ 平成12年国家公安委員会への報告事項等” (日本語). 国家公安委員会 (2000年4月27日). 2021年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月16日閲覧。
  11. ^ 誘拐犯人の逮捕”. 埼玉県警察 (2016年3月31日). 2016年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月1日閲覧。
  12. ^ “行方不明児20万人”の衝撃 ~中国 多発する誘拐~ NHKクローズアップ現代(2015年4月21日)2017年12月9日閲覧
  13. ^ 一日280人が誘拐され、年間2万7000人が殺される! 止まらぬメキシコの犯罪被害 HARBOR BUSINESS Online(2016年9月28日)2017年12月9日閲覧
  14. ^ 誘拐結婚をやめさせよう!エチオピアにおけるユニセフの支援UNICEF(2004年11月12日)2017年12月9日閲覧
  15. ^ テロ・誘拐情勢 日本国外務省海外安全ホームページ(2016年1月26日)2017年12月9日閲覧
  16. ^ 盗難車ワースト1位が ハイエース から プリウス に…日本損害保険協会 出版者:雑誌レスポンス 更新日:2015年4月1日
  17. ^ Preventing Abductions
  18. ^ もし拉致・誘拐されたら?米国式実践マニュアルを公開! 出版者:ダイヤモンドオンライン

関連項目[編集]