渋谷女子大生誘拐事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渋谷女子大生誘拐事件(しぶやじょしだいせいゆうかいじけん)は、2006年6月26日東京都渋谷区で発生した誘拐事件。

経過[編集]

事件発生[編集]

美容外科医で、池田ゆう子クリニックの院長を務める池田優子の長女(当時21歳で、大学4年生)が、渋谷区の自宅から通学のため外出した26日午後0時25分ごろ、男性2人から強引にワゴン車に無理矢理連れ込まれ、誘拐された。

犯人たちから、池田優子あてに身代金3億円を要求する電話が計14回かかり、「警察に通報すれば殺す」といった脅迫も受ける。池田はすぐさま警察に通報、警察はマスコミに対し報道協定を結び、事件が外部に漏れないように対応した。

逮捕[編集]

同日午後5時ごろ、警察は誘拐した男たちが利用していたワゴン車と同じナンバーの車を神奈川県川崎市中原区の路上で発見。翌日の6月27日の時過ぎに川崎駅付近でこのワゴン車を運転している中国国籍の無職の男と韓国国籍の電気工の男の2名を誘拐容疑で逮捕した。

両容疑者逮捕により被害者の居所が判明し、27日午前1時25分ごろに中原区のマンションに警察が強行突入。マンション室内にいたマカロフ拳銃で武装した元韓国人で日本国籍を取得した無職の男と銃撃戦となるも、被害者を無傷で解放した。その際、犯人が発砲した銃弾が警官の顔をかすめたが幸い軽い怪我で済んだ。

犯行に及んだ理由[編集]

容疑者らは池田優子がテレビなどで活躍している姿をみて、大金を奪い取れるとして誘拐事件を計画した。また、彼ら3人は千葉、埼玉、静岡で3,000万円を奪うなどした強盗を数件おこなっていたことも発覚、強盗致傷でも逮捕された。

事件後[編集]

池田優子と被害者の長女は解放後、親子で記者会見をおこなっている。

裁判では第一審東京地裁)、控訴審(東京高裁)とも無期懲役判決が下され、2008年4月23日最高裁上告棄却され、被告人らの無期懲役が確定した。

その他の波紋[編集]

容疑者らが「『世界バリバリ★バリュー』で池田優子がテレビなどで活躍している姿をみて犯行に及んだ」と供述したため、番組自体も波紋と論議を呼んだ。

納税者とその親族が窃盗・誘拐などの犯罪に巻き込まれる恐れやプライバシーの観点から後に長者番付制度を廃止する遠因となった。

参考文献[編集]

  • 週刊新潮2006年7月6日号『豊胸手術で年収12億円!「誘拐犯」に狙われた有名「美容整形クリニック」のカネと評判』 

関連項目[編集]