津川雅彦長女誘拐事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津川雅彦長女誘拐事件(つがわまさひこちょうじょゆうかいじけん)は、1974年に起こった誘拐事件。誘拐された女児の両親が著名な俳優(津川雅彦朝丘雪路)であったため、注目を集めた。

経緯[編集]

1974年8月15日午前3時、東京都世田谷区の津川雅彦・朝丘雪路宅2階から長女・真由子(まゆこ・当時生後5カ月)が誘拐され、身代金500万円が要求される。犯人は身代金を第一勧業銀行(現:みずほ銀行)の偽名口座に振り込むことを要求、津川は警察の指示に従い当日に150万円を指定の口座に振り込む。

当初、当時のオンラインシステムから得られる情報では取引の行われたCD機[1]を特定できなかったため、警察は第一勧業銀行の全店舗に人員を配置し、取引発生の度に捜査員がCD機周辺の顧客を包囲して犯人を捜すという大掛かりな作戦が展開された[2]。しかし、これは本件の容疑者特定にはつながらなかった。

この間、第一勧銀事務センターのSEが、突貫作業でソフトウェアを書き換え、取引CD機が特定できるようにし、第一勧銀と子会社の常陽銀行のオンラインシステムが更新された。

この結果、8月16日正午、第一勧業銀行東京駅南口出張所のCD機から2000円、続いて29万円を引き出されたことが判明。張り込みの刑事が直ちに該当する男性の身柄を確保。男性が所有していた暗証番号とカード番号が一致したことを問い詰めると犯行を自供したため、同日午後5時に逮捕された。人質は犯人の家である千葉県我孫子市アパートにおり、同日午後7時15分、41時間ぶりに発見され無事に保護された。

犯人である23歳の男性は、当初、佐川満男伊東ゆかり夫妻の長女を誘拐する予定だったが、住所がわからなかったため、津川夫妻の長女に変更した。

その後の捜査で、犯人は津川の家庭状況や自宅の住所・間取りなどの知識を週刊誌等で得ていたことが判明。裁判では犯人に懲役12年6カ月が確定した。

本事件は被害者が有名人の子供ということと、身代金の受け渡しに当時普及したばかりのCD機を利用したものだったことから世間の注目を集めた(人質だった長女は、成人後の1998年に女優としてデビューしている)。

また、当時、『東京新聞』紙面ではこの誘拐事件が「子供が産まれた事を、自分の宣伝に使ったのが悪い」とし津川の自業自得であるかのような論調の記事が大きく掲載された。なお、『東京新聞』はこの件について津川の直接抗議にも関わらず一切謝罪をせず、当時の編集長が津川に対し「私はジャーナリストとしての信念を貫いた」と反論した上、読者投稿欄で「津川の自業自得」とする投稿を多数採り上げて掲載するという行動を取った。津川はこの件も影響して現在までジャーナリズムへの不信感を抱いている。

関連書籍[編集]

  • 『恋娘 パパを育ててくれた君へ』(津川雅彦著、主婦の友社1984年) - 娘の真由子に語りかける文体で構成されたエッセイ。「第二章 誘拐事件」において事件の発端から解決までの顛末が仔細に語られている。

脚注[編集]

  1. ^ 現在はATMが主流だが、当時は「カードでの引き出し」のみの機体がほとんどだった。これはCD(キャッシュ・ディスペンサー)機と呼ばれていた。
  2. ^ この際、本件とは別の事件で指名手配されていた3人が逮捕された(2011年5月19日放送のダウンタウンDXにて津川が発言)

関連項目[編集]