津川雅彦長女誘拐事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津川雅彦長女誘拐事件(つがわまさひこちょうじょゆうかいじけん)は、1974年に起こった誘拐事件。誘拐された女児は著名な俳優である津川雅彦朝丘雪路の娘(真由子)であったため、注目を集めた。

経緯[編集]

1974年8月15日午前3時、東京都世田谷区の津川雅彦・朝丘雪路宅2階から長女・真由子(まゆこ・当時生後5カ月)が誘拐され、身代金500万円が要求される。犯人は身代金を第一勧業銀行(現:みずほ銀行)の偽名口座に振り込むことを要求し、津川は警察の指示に従って当日に150万円を指定の口座に振り込んだ。

当時の銀行では口座を作る際に本人確認は行われておらず、現金と印鑑と印鑑さえあれば偽名でも開設することが可能であった。更に、当時のオンラインシステムから得られる情報では口座からの引き出しが行われたCD機[1]の特定もできなかったため、振込先の口座情報から犯人を辿ることは困難であった。そのため、警察は第一勧業銀行の全店舗に人員を配置し、取引発生のたびに捜査員がCD機周辺の顧客を包囲して犯人を捜すという大掛かりな作戦を展開したが、誘拐犯の特定にはつながらなかった[2]

この間、第一勧銀事務センターのSEが、CD機の営業時間終了の8月15日17時を待って突貫作業でソフトウェアを書き換え、翌日8月16日には取引CD機が特定できるようにし、第一勧銀と子会社の常陽銀行のオンラインシステムが更新された。

この結果、8月16日正午、第一勧業銀行東京駅南口出張所のCD機から2000円、続いて29万円を引き出されたことが判明。張り込みの刑事がただちに該当する23歳の男の身柄を確保。男が所有していた暗証番号とカード番号が一致したことを問い詰めると犯行を自供したため、同日午後5時に逮捕された。人質は犯人の家である千葉県我孫子市のアパートにおり、同日午後7時15分、41時間ぶりに発見され無事に保護された[3]

犯人の男は当初、佐川満男伊東ゆかり夫妻の長女を誘拐する予定だったが、住所がわからなかったため、津川夫妻の長女に変更した。

その後の捜査で、犯人は津川の家庭状況や自宅の住所・間取りなどの知識を週刊誌等で得ていたことが判明した。裁判では犯人に懲役12年6カ月が確定した。

本事件は被害者が有名人の子供ということと、身代金の受け渡しに当時普及したばかりのCD機を利用したものだったことから世間の注目を集めた(人質だった長女は、成人後の1998年に女優としてデビューしている)。

東京新聞による津川への中傷[編集]

また、当時、『東京新聞』紙面ではこの誘拐事件について、津川の自業自得であるかのような論調の記事を掲載した(津川によれば東京新聞は「役者は生まれた子を自分の宣伝のために利用するバカが多いから誘拐される」と被害者である津川を中傷した)[4]

フジテレビのスタジオから生中継で東京新聞の編集長に電話を掛けた津川は「新聞は公器だ。誘拐なんて凶悪犯罪は二度と起こらないよう書くのが君たちの務めだろう?『悪いのは親だ』っていって、犯人予備軍達が『役者の子』なら許されると、懲りずにやったらどう責任とるんだ。役者がアホなのは反論しない。アホだから役者やってんだよ!でも、娘には何の罪もない。下衆な役者の子だから誘拐されて良いって法はない!! ジャーナリストとして恥を知れ」と抗議したが、編集長は「私は正しい」と繰り返すばかりで、津川は「君は今後、津川雅彦の顔を見る度に、良心が苛まれるぞ」と言い放った。東京新聞は、翌日の読者投稿欄で「役者の子は誘拐されて当然」という趣旨の投稿を多数採り上げて(津川によれば1ページを割いた特集で9割が自身への批判)掲載するという挙に出た[4]。津川はこの件以降、東京新聞を読まなくなったと語っている[4]

津川への影響[編集]

当時、従前は演じる事が多かった主役での出演にこだわっていたため仕事が来なかった津川は経済的に妻に依存しており、犯人から要求された身代金も妻が捻出した。このことがきっかけで津川は「役者のこだわりよりもこの子のために何でもやって頑張るんだ」「とにかく片っ端からいろんな役をやってみよう」と一念発起し、役者としての幅が広がる結果となった[3][5]

自身が役者であったばかりに危険にさらされた娘に対し呵責を感じており、「彼女にとって世界一の父親になってやろう」と決意した津川は子煩悩になり、真由子に尽くした。津川は後に「誘拐犯はある意味、恩人と言ってもいいかもしれない」と振り返っている[6][5]。娘のトラウマになることを恐れた津川は、事件について語ることなく過保護にもならないよう気を使いながら真由子を育てており、物心ついた本人が事件のことを初めて知ったのは、通っていた中学校で教師から教えられたときであった[3][7]

関連書籍[編集]

  • 『恋娘 パパを育ててくれた君へ』(津川雅彦著、主婦の友社1984年) - 娘の真由子に語りかける文体で構成されたエッセイ。「第二章 誘拐事件」において事件の発端から解決までの顛末が仔細に語られている。

脚注[編集]

  1. ^ 現在はATMが主流だが、当時は「カードでの引き出し」のみの機体がほとんどだった。これはCD(キャッシュ・ディスペンサー)機と呼ばれていた。
  2. ^ この際、本件とは別の事件で指名手配されていた3人が逮捕された(2011年5月19日放送の『ダウンタウンDX』にて津川が発言)。
  3. ^ a b c 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部 (2018年9月2日). “津川雅彦さんが活躍の場を広げた理由 娘・真由子が明かす「私の誘拐事件」「身代金払えなかった」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/02/kiji/20180902s00041000261000c.html 2018年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b c 津川雅彦 フジTVの番組で東京新聞の編集長と電話で生バトルも”. NEWSポストセブン (2011年9月4日). 2018年8月9日閲覧。
  5. ^ a b “「身代金が…」真由子が明かす父津川雅彦さんの決意 - おくやみ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809020000615.html 2018年10月23日閲覧。 
  6. ^ “俳優・津川雅彦氏が「娘を誘拐した犯人は恩人」と振り返る 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). (2012年8月7日). https://dot.asahi.com/wa/2012092601623.html?page=1 2018年10月23日閲覧。 
  7. ^ “津川雅彦「誘拐された」長女にトラウマを残さなかった育児論 | Smart FLASH[光文社週刊誌スマフラ/スマートフラッシュ”] (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ. (2018年2月14日). https://smart-flash.jp/entame/34047 2018年10月23日閲覧。 

関連項目[編集]