妊活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

妊活(にんかつ)とは、妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった活動。これはある製薬会社[どれ?]疾患啓発活動の一環として提唱された言葉である[要出典医学]。一部では白河桃子によって提唱されたと言われているが、間違いである[要出典]。妊活が広がりつつあるなか、医師との共著(講談社)や講義コーディネートなどに関わってはいるようだが、彼女が提唱した言葉ではない[要出典]

妊娠をしない方法は多く出回っていても、妊娠をする方法が出回っていない。また、昔だったら女性というのは妊娠も含めた就職からの人生は周囲の流れに身を任せておくことで何とかなっていたものの[いつ?]、現代はそのような時代ではない。そこで女性は自らの意志で妊娠などといった事柄を知る必要性が生じるようになってきた。また女性の体についての授業を行う中学校・高校が出始めている[1]。マイナビウーマンが2012年1月に発表した働く女性へのアンケート結果によれば、妊娠というのは女性にとって大きなライフイベントであるが、妊活を行っているかどうかに対し「はい」と答えた回答者は10パーセントに満たなかった[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]