どたんば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どたんば
ジャンル テレビドラマ
放送時間 20時00分 - 21時30分(89分)
放送期間 1956年11月10日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 永山弘
脚本 菊島隆三
出演者 三國連太郎
加東大介
西村晃
多々良純
音声 モノラル
オープニング 作曲:平井康三郎

特記事項:
・全編生放送
・第11回芸術祭文部大臣賞受賞
三國連太郎のテレビデビュー作品
テンプレートを表示

どたんば』は、1956年NHKで放送された単発のテレビドラマ、およびそれを原作として、1957年東映配給で公開された映画である。

炭坑の落盤事故で生き埋めにされ、極限状態に追いつめられる作業員達の葛藤、その救出をめぐる肉親や愛人、事業主らのやりとりが展開される。

テレビドラマ版[編集]

NHK1956年11月10日の20時00分 - 21時30分に放送された。作・脚本は菊島隆三が担当した。

この作品は全編生放送で行われた[1]。ただし、放送と同時にキネコ[2]で録画されたため、ドラマの全編がフィルム映像として現存している。

第11回文化庁芸術祭芸術祭賞を受賞した。

NHKアーカイブスに映像が所蔵されており、各地のNHK放送局や関連施設にある「番組公開ライブラリー」で閲覧できる。横浜放送ライブラリーにも映像が所蔵されており、同様に閲覧できる。DVDソフト化もされている。 NHKアーカイブスの「みのがしなつかし」サイトで3分半ほどの映像を見ることができる[3]

この作品は、三國連太郎にとって初のテレビ放送への出演(テレビドラマデビュー作)であった。2000年4月9日放送『NHKアーカイブス』で再放送された際には、スタジオゲストとして三國が出演した。『どたんば』は生放送のドラマであったため、三國自身はこの時に初めてドラマの映像を見ることとなり、その際には「まさか残っているとは思いませんでした」と語り、映像自体の現存に驚いたほどであった[4]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

DVD[編集]

映画版[編集]

どたんば
監督 内田吐夢
脚本 橋本忍
内田吐夢
出演者 加藤嘉
外野村晋
志村喬
江原真二郎
石丸勝也
音楽 小杉太一郎
撮影 藤井静
編集 祖田富美夫
配給 東映
公開 日本の旗 1957年11月24日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1957年11月24日に公開された。東映が配給した。監督は内田吐夢が務めた。脚色には橋本忍が起用された。

テレビドラマ版とは、物語進行や人物設定など変更点が多い。

スタッフ[編集]


キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時は2インチVTRが導入される前であり、フィルム収録を除けば、テレビドラマの大部分は生放送であった。
  2. ^ ブラウン管の映像をフィルムに記録する機器。キネレコとも。
  3. ^ テレビドラマ どたんば - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  4. ^ NHKアーカイブス(番組)|これまでの放送 - NHKアーカイブス 平成12年放送

外部リンク[編集]