平井康三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平井 康三郎
生誕 (1910-09-10) 1910年9月10日
出身地 日本の旗 日本高知県
死没 (2002-11-30) 2002年11月30日(92歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
担当楽器 ヴァイオリン

平井 康三郎(ひらい こうざぶろう、1910年(明治43年)9月10日 - 2002年(平成14年)11月30日)は、戦後日本の作曲家。

経歴[編集]

本名、平井保喜(ひらい やすき)。高知県吾川郡伊野町(現:いの町)出身。東京音楽学校バイオリン科卒業。1936年(昭和11年)研究科作曲部修了。

1937年(昭和12年)から1947年(昭和22年)の期間、東京音楽学校で教鞭を取る傍ら、作曲活動を行い、「平城山」や「スキー」などを作曲した。その後は、文部省教科書編纂委員として音楽教科書編纂等に携わる。また、NHK専属作曲・指揮者、合唱連盟理事、日本音楽著作権協会理事、大阪音楽大学教授等を歴任。

1965年(昭和40年)、「詩と音楽の会」を結成。日本の新しい歌曲、合唱曲集の創作活動を行う。作品は、器楽、声楽(洋楽・邦楽)と広範囲にわたる。小学校や中学校の校歌も数多く手がけた。

1973年(昭和48年)、紫綬褒章受章。1982年(昭和57年)、勲四等旭日章受章。1983年(昭和58年)、伊野町名誉町民。1992年(平成4年)、よんでん芸術文化賞、毎日出版文化賞を受賞。

2002年(平成14年)11月30日、肺炎で死去。享年92。

妻は、東京音楽学校で共に学び、桐朋学園大学ヴァイオリン科名誉教授を務めた平井友美子(疋田小枝)。息子に、チェリストの平井丈一朗東京芸術大学名誉教授でピアニストの平井丈二郎。孫に、指揮者・作曲家の平井秀明、ピアニスト平井元喜、ピアニスト平井李枝

主要作品[編集]

本名名義で発表された楽曲もある。

管弦楽[編集]

  • 箏と管弦楽のための奇想曲(1933年)
  • 組曲「虫の国の音楽祭」(1941年)
  • 大東亜戦争行進曲「南進日本」(1942年)
  • クラリネットと弦楽のための牧歌(1943年)
  • 大行進曲ハ長調(1943年、焼失)
  • 「愛馬進軍歌」による大行進曲(1943年頃)
  • 輝ける朝(1944年、焼失)
  • 汽車(1944年、焼失)
  • 横笛幻想曲(1944年)
  • 交響詩「捧げまつる靖國の御霊に」
  • 鎮魂曲(1945年、焼失)
  • 組曲「草の上」(1947年)
  • 序曲「チューリップと蝶々」
  • 序曲「花園にて」(1948年)
  • ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調(1950年)
  • 日本子守唄集(1951年)
  • 山中節による奇想曲(1951年)
  • 箏協奏曲第1番(1952年)
  • 弦楽のための幻想曲(1954年)
  • おやすみ番組第一から第七
  • 新年の詩第一、第二
  • 慶祝音楽(1959年)
  • 日本民謡による交響譚詩(1963年)
  • 室内管弦楽のための「海の変態」(1967年、歌曲「九十九里浜」による)
  • 管弦楽のための「平城山」(1979年)
  • 交響詩「土佐風土記」(1981年)
  • 日本子守唄集(1984年)
  • 箏幻想曲

室内楽・器楽[編集]

  • ピアノ三重奏曲ニ短調(1941年、焼失)
  • 弦楽三重奏曲第1番ニ長調(1938年、焼失)
  • 弦楽四重奏のための日本狂詩曲第1番~第3番
  • 箏四重奏曲
  • ギター三重奏曲
  • ピアノ四重奏曲「冬の物語」(1943年)
  • 2つのヴァイオリンのためのソナタ(1945年)
  • 「夏は来ぬ」による弦楽四重奏のための変奏曲(1946年)
  • 弦楽三重奏曲第2番ハ短調
  • 箏とオーボエのためのソナタ
  • 水に寄せる幻想(2面の箏とヴァイオリンのための、1952年)
  • 秋の間奏曲第1番、第2番(ヴァイオリンと箏のための、1952年)
  • チェロとハープのための「ゆりかご」
  • ピアノ連弾による「高田三郎氏夫妻に贈る変奏曲」(1943年)
  • ピアノ連弾のためのポルカ(1948年)
  • ピアノ連弾のためのワルツト長調(1948年)
  • ヴァイオリンとピアノのための「かやの木山」
  • ヴァイオリンとピアノのための「仔馬の散歩」
  • ヴァイオリンとピアノのための「漁村の曙」Down at a fishing village
  • ヴァイオリン独奏組曲「屋上こども遊園」Children's play ground on the roof(ヴァイオリン・ピアノ)
  • チェロとピアノのための「さくらさくら」によるパラフレーズ Paraphrase on a Japanese folk-tune Sakura
  • 無伴奏バイオリンのための三つの綺想曲 3 caprices for violin solo (unaccompanied)

ピアノ曲[編集]

  • 幻想曲「さくらさくら」 Sakura-sakura: A fantasy for piano(ピアノ)
  • 「荒城の月」の主題による変奏曲 Variations on the theme of "Kojo no tsuki"(ピアノ)
  • 主題と変奏曲ロ短調(焼失)
  • ピアノ・ソナチネイ短調(焼失)
  • アンダンテ・トリステ
  • 夜想曲ホ短調(焼失)
  • 24のインヴェンション(焼失)
  • 組曲「若者のうたえるうた」
  • 夜想曲第3番「夜のいこい」(1945年)
  • ロマン・ロランの「ベートーヴェンの生涯」を読みて(1946年)
  • 古典形式によるソナチネ変ロ長調(1948年)
  • 郷愁の詩(1948年)

邦楽器[編集]

  • 子守唄変奏曲(箏)
  • 歓喜の曲(2面の箏)
  • 祝典箏協奏曲(合奏)
  • わらべ唄による狂詩曲(三曲合奏)

独唱曲[編集]

()内の人物は明記しない限り作詩(作詞)者。

合唱曲[編集]

  • 交声曲「幕末愛国歌」
  • 交声曲「新たなるひむがしの歌」(土岐善麿
  • 交声曲「大いなる哉」(林古渓
  • 交声曲「不盡山を見て」(山部赤人
  • 日本女声合唱曲集第一巻
  • 日本女声合唱曲集第二巻
  • 交声曲「宍道湖」(佐々木信綱
  • 交声曲「泉」(野村俊夫
  • 交声曲「ほぎうた」(鈴木松子)
  • 交声詩曲「山頂雷雨」(鈴木松子)
  • 祝婚歌「なよたけ」(鷹司平通孝宮和子内親王の婚礼を祝して、鈴木松子)
  • 交声曲「くじらの結婚」(1969年)
  • 合唱讃歌(平井康三郎)
  • 箏の頌(平井康三郎)
  • 親鸞聖人御誕生の歌(薮田義雄
  • 男声合唱のための組曲「若人はうたう」(恩田幸夫
  • わすれなぐさ(ウィルヘルム・アレント上田敏訳)
  • お江戸日本橋
  • 潮音(島崎藤村
  • ハイキング(藪田義雄)

童謡[編集]

舞台音楽[編集]

  • 舞踊詩「幻の横笛」(弦楽四重奏)
  • 舞踊詩「白鷹」(弦楽四重奏)
  • 舞踊詩「石にも声あり」(弦楽四重奏、焼失)
  • 舞踊歌劇「保名」(3管編成と合唱、焼失)
  • 劇音楽「お蝶夫人」(デーヴィッド・ベラスコ原作、1952年)
  • オペレッタ「竹取物語」

団体歌[編集]

他、平井は数多くの校歌を作曲した。

著書[編集]

  • 作曲指導(同学社、1952年)
  • 合唱編曲法入門(音楽之友社、1952年)
  • 合唱編曲法(音楽之友社、1968年)

外部リンク[編集]