勝承夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝承夫

勝 承夫(かつ よしお、明治35年(1902年1月29日 - 昭和56年(1981年8月3日)は、東京市四谷区出身の詩人。元日本音楽著作権協会会長。元東洋大学理事長。

来歴[編集]

旧制中学時代から詩人として活躍。大正9年(1920年)に、正富汪洋の勧めで東洋大学に入学し、正富が主催する『新進詩人』に参加。宵島俊吉のペンネームで「白痴を誘って野に出て」などの作品を著し、中央文壇に登場する。

また在学中には、大正10年(1921年)に井上康文らと『新詩人』を、大正12年(1923年)に同大出身の赤松月船岡村二一岡本潤角田竹夫らと『紀元』を創刊した。勝のこうした活動により、当時勝と同世代の詩人を志していた者の中では、東洋大学を志望する者が多かったと言われ、東洋大学は「詩・歌人大学」と呼ばれていた。

昭和2年(1927年)に東洋大学を卒業した後は報知新聞社に入社し記者となるも、昭和18年(1943年)には退社し、文筆活動に専念するようになる。

戦後は音楽教育活動にも参画し、日本音楽著作権協会会長を歴任。また、全国の小・中学校、高等学校の校歌の作詞を数多く手がける。

昭和35年(1960年)と昭和50年(1975年)に学校法人東洋大学理事長に就任。

昭和28年(1953年)に「駅伝を讃えて」を、読売新聞紙上に発表。この詩文は、箱根駅伝第60回大会を記念して詩碑として刻まれ、往路ゴール・復路スタートの地点である芦ノ湖の湖畔で見ることができる。

主な詩集[編集]

  • 『惑星』 1922年
  • 『風の微風』 1923年
  • 『白い馬』 1933年
  • 『航路』 1947年
  • 『勝承夫詩集』 1981年

主な作詞[編集]

校歌[編集]