岡本潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかもと じゅん
岡本 潤
本名 岡本 保太郎
生年月日 (1901-07-05) 1901年7月5日
没年月日 (1978-02-16) 1978年2月16日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県児玉郡本庄町
(現在の同県本庄市
職業 詩人脚本家
活動期間 1923年 - 1978年

岡本 潤(おかもと じゅん、1901年7月5日 - 1978年2月16日)は、日本の詩人脚本家である。本名-保太郎

人物・来歴[編集]

1901年(明治34年)7月5日埼玉県児玉郡本庄町(現在の同県本庄市)に岡本保太郎として生まれる[1]

1906年(明治39年)ごろ両親が離婚し、母とともに、京都に住む母方の祖父に引き取られる。旧制・深草尋常高等小学校(現在の京都市立深草小学校)に入学するが、4年を終了した時点で本庄に帰る。1年後に京都に戻り、旧制・平安中学校(現在の龍谷大学付属平安中学校・高等学校)に入学した。卒業後上京し、中央大学東洋大学にそれぞれ入学し、いずれも中途退学した[1]

大杉栄クロポトキンらのアナキズムに共鳴、19歳になる1920年(大正9年)、同年に結成された日本社会主義同盟に参加した。このころ詩作を始める。1922年(大正11年)に結婚、1923年(大正12年)、前衛詩運動に参加、壺井繁治萩原恭次郎川崎長太郎らと詩誌『赤と黒』を創刊する[1]

1928年(昭和3年)、第1詩集『夜から朝へ』を刊行、1933年(昭和8年)、第2詩集『罰当りは生きている』を観光したが、発禁処分・押収となった。1935年(昭和10年)11月、治安維持法違反容疑逮捕、翌年2月に釈放されるまで拘留された。1936年(昭和11年)1月、京都のマキノ正博によるマキノトーキー製作所の陣容が発表になったが、岡本は松山英夫中川信夫坂田重則らとともに「企画部」メンバーに名を連ねている[2]。同社理事の笹井末三郎もまたアナキストであった[2]。脚本を書いたが、当時のペンネームは不明である。同社は1937年(昭和12年)4月には解散した[2]

1940年(昭和15年)、花田清輝らと『文化組織』を創刊[1]、1941年(昭和16年)、第3詩集『夜の機関車』を刊行する。1942年(昭和17年)、大映多摩川撮影所(現在の角川大映スタジオ)に勤務した。

1945年(昭和20年)8月15日、第二次世界大戦が終結、同年12月27日に公開された田中重雄監督の『犯罪者は誰か』の脚本家として、「岡本潤」とクレジットされた。1947年(昭和22年)、アナキズムから共産主義に突然転向した[1]

1978年(昭和53年)2月16日、死去した[1]。満76歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚本

ビブリオグラフィ[編集]

  • 詩集『夜から朝へ』、1928年
  • 詩集『襤褸の旗』、1947年
  • 『岡本潤全詩集』、1978年

[編集]

  1. ^ a b c d e f コトバンクサイト内の記事「岡本潤」の記述を参照。
  2. ^ a b c マキノ雅裕『映画渡世 天の巻 - マキノ雅弘自伝』(平凡社、1977年 / 新装版、2002年 ISBN 4582282016)、初版 p.246、p.280、p.338-374の記述を参照。

外部リンク[編集]