井上康文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 康文(いのうえ やすぶみ、1897年6月20日 - 1973年4月18日)は、日本の詩人

神奈川県出身。本名・康治。東京薬学校(現東京薬科大学)卒業。1918年福田正夫の『民衆』に参加、編集を担当した。のち『新詩人』『詩集』『自由詩』を創刊した[1]競馬にも関心が深かった。

著書[編集]

  • 『愛する者へ 詩集』新橋堂 1920
  • 『愛の翼 詩集』詩人会叢書 1921
  • 『情熱の嵐 詩、散文集』大同館書店 1923
  • 『華麗な十字街 散文詩集』草原社 1926
  • 『現代の詩史と詩講話』交蘭社 1926
  • 『詩の作り方』素人社 1927
  • 『手 詩集』素人社書店 1928
  • 『光 詩集』詩集社 1929
  • 『愛子詩集』紅玉堂書店 1930
  • 『自由詩の作り方と鑑賞』紅玉堂書店 1930
  • 『恋愛・生活・芸術 随筆』大同館書店 1930
  • 『新らしい詩及詩人とその変遷』交蘭社 1931
  • 『赤道を越えて 我従軍記』若桜書房 1943
  • 『山上の蝶 詩集』寺本書房 1946
  • 『日本の山水 詞華集』富岳本社 1946
  • 『井上康文の競馬学』サンケイ新聞社出版局 1970
  • 『人生の対局 井上康文随筆集』詩集社 1973

編・共著[編集]

  • 『自選日本現代名詩集 附・泰西名詩選』編  春陽堂 1920
  • 『童謡・民謡・詩のつくり方』福田正夫共著 大同館 1921
  • 『現代童話選集』編 一歩堂 1922
  • 『童謡・民謡・詩傑作選集』福田正夫共編 大同館 1922
  • 『近代名家抒情詩集 小曲』畑喜代司共編 交蘭社 1925
  • 『松原神社社史』編著 松原神社 1932
  • 『騎手石毛彦次郎』編著 石毛騎手追悼録刊行会 1940
  • 『回想の白秋』編 鳳文書林 1948

記念文集[編集]

  • 『詩人・井上康文』井上康文の詩碑を建設する会 1980

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典