三根円次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三根 円次郎(みね えんじろう、1873年 - 1935年3月18日)は長崎県大村市出身の日本教育者である。歌手ディック・ミネの父親で、ギタリスト三根信宏の祖父。

経歴[編集]

旧制大村中学(現・長崎県立大村高等学校)、旧制第五高等学校、旧制第一高等学校を経て東京帝国大学文学部哲学科卒業。謹厳な教育者として、佐賀徳島山形新潟など各地の旧制中学校校長を務め、最後は高知県にある私立・旧制土佐中学校(現土佐中学校・高等学校)に、初代校長として赴任した。

土佐中学では「健・研・倹」という自身の掲げた標語の通り逝去するまでの15年間全人格的教育に徹した。生徒からは慈父の如く慕われ、奉ったあだ名は「おとう(土佐弁で親父の意味)」であった。 教え子の一人に後の作曲家平井康三郎がおり、生徒用の蓄音機を用意して音楽を聴かせるなど情操教育に力を入れていた三根の影響で音楽の道に進んだ。