東京都立田園調布高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立田園調布高等学校
Denko1.jpg
過去の名称 東京都立大田高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
校訓 誠実・敬愛・自主・自律
設立年月日 1950年5月20日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(6学級)
高校コード 13205F
所在地 145-0076
東京都大田区田園調布南27-1
北緯35度34分56.4秒東経139度40分35.6秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立田園調布高等学校(とうきょうとりつでんえんちょうふこうとうがっこう)は、東京都大田区田園調布南に所在する都立高等学校。略称「田高(でんこう)」

概要[編集]

長年私服校であったが、2008年度に推奨服が導入された(私服通学も可)。近隣は緑豊かな文教地区で大田区立東調布第一小学校や大田区立東調布中学校が位置している。

「進学校復活」を掲げ、様々な学校改革を進めている。2008年度より新たな取組として、学力上位層を対象としたアドバンストクラス(特進クラス)が学年1クラス設けられた。国公立や難関私立大学受験に対応し、必修として単位認定もされる大学入試問題演習授業のマルチ演習があり、春(1年生のみ)と夏には勉強合宿も行われている。また推奨服の導入、普通教室への冷房設置、合唱祭の新設等が行われた。さらに授業改善に向けての「学力向上プロジェクト」も進んでおり、大学受験や学力向上対策の早朝や放課後また長期休業中の補講も増加し、充実を図っている。また三者面談・進路相談等の充実も図っている。読書活動推進にも力を入れていて、ビブリオバトルにも取り組んでいる。現在、漢検は1,2年生は全員受験を実施している。英語に関してはGTECを受験している。

2001年より特色ある教育活動の柱の一つである「田高進路プロジェクト」を立ち上げ、目的意識を持って田高生活を送り大学進学を中心とした田高生の進路実現に向け、積極的な指導・支援を続けている。「田高進路プロジェクト」は、以前から蓄積されてきた田高進路指導のノウハウを集積・システム化した田高生の3年間を見通した進路指導で、入学早々の1年生の「学ぶ意味」の深化から始まり、以下「職業に就くこと」・「上級学校への進学」等を重視した総合的な進路指導プログラムである。2004年より明治学院大学2005年より武蔵工業大学(現東京都市大学)と高大連携が行われており、単位を修得すると学校の単位に加えられると共に、本人がそれぞれの大学に進学すると大学の単位としても認定される。

学校群制度時代においては小山台と同群になり、東大10人、早慶100人程度の合格者を輩出した時期もあった。長らく低倍率傾向であったが「進学校復活」を目指した学校改革が評価され、近年入試倍率は上昇傾向である。なお、2010年度には東大へ合格者を輩出した。一般入試においては都の共通問題を全科目で使用している。2006年入試より分割後期募集を実施している。

部活動においては過去に野球部が東京大会ベスト8に進出するなどしており、多摩川河川敷グランド(サッカー部、野球部兼用)を所有している。男女バスケットボール部、吹奏楽部、ダンス部なども積極的に活動している。

沿革[編集]

交通[編集]

学園祭[編集]

ぽろにあ祭と呼ばれ毎年9月下旬の土曜・日曜に行われる。名称は校章のの学名 「Paulownia」と芸術都市で知られるボローニャから来ている。

著名な出身者[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この校名は1977年に開校されることとなる東京都立蒲田高等学校の新設企画当初の仮名称でもある。
  2. ^ リストランテ アルポルト オーナーシェフ片岡護”. リストランテ アルポルト. 2016年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]