沼部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沼部駅
蒲田方面駅舎(2010年3月14日)
蒲田方面駅舎(2010年3月14日)
ぬまべ
Numabe
TM01 多摩川 (0.9km)
(1.1km) 鵜の木 TM03
所在地 東京都大田区田園調布本町28-1
駅番号  TM 02 
所属事業者 TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
所属路線 TM 東急多摩川線
キロ程 0.9km(多摩川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
11,005人/日
-2016年-
開業年月日 1923年大正12年)3月11日[1]
備考 1926年 武蔵丸子駅から改称[1]
テンプレートを表示

沼部駅(ぬまべえき)は、東京都大田区田園調布本町にある、東京急行電鉄東急多摩川線である。駅番号TM02

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム毎に改札が設置されているが、跨線橋などは設置されていないため改札内でのホーム間移動は不可能である。トイレは2番線にあり、多機能トイレも併設。また、多摩川方面行きの列車は、終点多摩川でのドアが開く方向をアナウンスする[4]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TM 東急多摩川線 下り 下丸子蒲田方面
2 上り 多摩川方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員は11,005人である[5]。近年の1日平均乗降人員乗車人員は下記のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1990年(平成02年) 5,948 [* 1]
1991年(平成03年) 5,869 [* 2]
1992年(平成04年) 5,973 [* 3]
1993年(平成05年) 5,921 [* 4]
1994年(平成06年) 5,953 [* 5]
1995年(平成07年) 5,956 [* 6]
1996年(平成08年) 5,986 [* 7]
1997年(平成09年) 5,953 [* 8]
1998年(平成10年) 5,877 [* 9]
1999年(平成11年) 5,604 [* 10]
2000年(平成12年) 5,556 [* 11]
2001年(平成13年) 5,439 [* 12]
2002年(平成14年) 5,277 [* 13]
2003年(平成15年) 10,114 5,101 [* 14]
2004年(平成16年) 10,048 5,112 [* 15]
2005年(平成17年) 9,891 5,038 [* 16]
2006年(平成18年) 9,977 5,079 [* 17]
2007年(平成19年) 9,948 5,063 [* 18]
2008年(平成20年) 10,053 5,093 [* 19]
2009年(平成21年) 10,108 5,104 [* 20]
2010年(平成22年) 9,934 [* 21]
2011年(平成23年) 9,978 [* 22]
2012年(平成24年) 10,249 [* 23]
2013年(平成25年) 10,418 [* 24]
2014年(平成26年) 10,557 [* 25]
2015年(平成27年) 10,762 [* 26]
2016年(平成28年) 11,005

駅周辺[編集]

駅名の由来[編集]

駅所在地が古来丸子荘であったことにちなみ、「丸子駅」と名付けた。のちに旧国名を冠称して「武蔵丸子駅」とされ、さらに地名から「沼部駅」とされた。改称当時の所在地は荏原郡調布村大字下沼部であった。

隣の駅[編集]

TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
TM 東急多摩川線
多摩川駅 (TM01) - 沼部駅 (TM02) - 鵜の木駅 (TM03)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 東急の駅、p.99。
  2. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1924年4月5日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1925年12月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 蒲田行きは、終点の1つ手前である矢口渡駅でアナウンス。
  5. ^ 東急電鉄「各駅乗降人員」
  6. ^ 品川区の統計 - 品川区
  7. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング、2008年9月1日ISBN 9784533071669

関連項目[編集]

外部リンク[編集]