松坂直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松坂 直美(まつざか なおみ、1910年-2002年)は、戦前から戦後にかけて国内で活躍した作詞家である[1]舟木一夫美空ひばりに作詞を提供したこともあり、日本詩人連盟会長、日本訳詩家協会理事長、長崎県人会常任理事、雪州会(在京壱岐人会)会長などを務めた。

生涯[編集]

明治43年(1910年)長崎県壱岐市芦辺町生まれ。深江にて青少年期を送る。昭和7年(1932年)に流行歌「山のあけくれ」「時雨する頃」の作詞を手がけ、いずれも古関裕而(こせきゆうじ)作曲[2]のレコードでデビュー。1933年(昭和8年)以降はペン一筋の生活に徹した。2002年(平成14年)に92歳で亡くなった。

作品[編集]

長崎県壱岐市内の小中学校の校歌として、三島小学校沼津小学校芦辺小学校田河小学校那賀中学校田河中学校などがある。主な作品として玄海ワルツ、緑の牧場、夕陽の古戦場、ふるさとはネムの花咲く、玄海慕情、花ごよみふるさとの四季、淡雪の賦、芦辺町民歌、郷ノ浦町町歌、勝本小唄、アカシアの花など2000余曲の作詞を行った。

校歌・作詞[編集]

流行歌・作詞[編集]

  • 時雨する頃(関種子)1932年(昭和7年)
  • 山のあけくれ(米倉俊英)1932年(昭和7年)
  • 波浮の夜船(きみ榮)
  • 砂丘を越えて(青葉笙子)
  • 黒龍千里(北廉太郎
  • 男の行く道(北廉太郎)
  • 浮世の旅路(山中みゆき)
  • 虹よ消ゆるな(東海林太郎
  • 旅姿峠の唄(上原敏)
  • 沓掛街道(上原敏)
  • 國境千里(田端義夫
  • 石狩の春(田端義夫)
  • 朝の街角(近江志郎)
  • 歓喜の乙女(近江志郎)
  • 雨の天城路(三丁目文夫)
  • 流す筏も(高山美枝子)
  • 南国の故郷(如月俊夫)1941年(昭和16年)
  • 今宵酒場の灯の影で 1949年(昭和24年)
  • 古城の乙女(松田トシ)1950年(昭和25年) 
  • 楽しい日曜日(美空ひばり)1954年
  • 深夜の女(武井義明)1958年
  • 月の戦線(児玉好雄
  • 港の純情(児玉好雄)
  • 艶歌船(北島三郎)1964年
  • 流浪(舟木一夫)1972年 など

映画主題歌・作詞[編集]

児童劇[編集]

  • 『メイコちゃんの非常時讀本』(中村メイ子、清水美佐子、獨唱:矢島英子)
  • 『お化け地蔵』児童劇集 など

著書[編集]

  • 『わが人生は闘争なり-松永安左エ門の世界』教文出版 1980年
  • 『まぼろしのスタートニーの思い出』1968年
  • 『確実に返事がもらえるファン・レターの書き方―上手な書き方と人気歌手への実例文』1967年
  • 『私が歌手になるまで』1949年
  • 『嵐に花は散らず』少女小説集
  • 『花信』詩リーフレット など

出典[編集]

  1. ^ http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2014/05/14090907013368.shtml 長崎新聞(2014年5月14日版)
  2. ^ http://www.kosekiyuji-kinenkan.jp/sakkyoku/sakushika-m.html 福島市古関裕而記念館

外部リンク[編集]