武井義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武井 義明(たけい よしあき、1934年昭和9年)1月24日 - 1994年平成6年)8月2日)は、日本のジャズシンガー

経歴[編集]

高知県高知市出身、中央大学卒業。在学中にフランク武井の名でジャズののど自慢大会に優勝してプロ入りし疋田ブラザーズ楽団の専属歌手となる。ジョージ川口与田輝雄らとコンボで歌い、その後ソロへ転向。

1959年12月31日第10回NHK紅白歌合戦に初出場した(詳細は下記参照)。

戦後の第一次ジャズブームの中では最年少であった。

日清ちびっこのどじまん(フジテレビ)の審査員を務めた。

主なディスコグラフィー[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年) ※写真のみ