血槍富士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
血槍富士
Chiyari Fuji poster.jpg
監督 内田吐夢
脚本 三村伸太郎
製作 大川博
出演者 片岡千恵蔵
島田照夫
加東大介
喜多川千鶴
音楽 小杉太一郎
撮影 吉田貞次
編集 宮本信太郎
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1955年2月27日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

血槍富士』(ちやりふじ)は、1955年2月27日に公開された日本映画である。東映製作・配給。

概要[編集]

1954年中国から復員した内田吐夢監督の戦後第一作で、1942年の『鳥居強右衛門』以来13年ぶりの監督作品となる。本作は1927年井上金太郎が原作・脚本・監督をつとめた『道中悲記』(キネマ旬報ベストテン第10位)を再映画化したものであり、原作として井上の名前がクレジットされている。また、権八役で主演した月形龍之介は本作に旅の男役で、源太役で出演した杉狂児も殿様役でそれぞれ出演している。マキノ雅弘の実弟であるプロデューサー・マキノ満男が企画し、企画協力には伊藤大輔小津安二郎清水宏が参加した。

主君の槍持ちとして東海道江戸に向かう主人公の権八が道中で出会う、様々な人たちの人間模様を描くとともに、酒のいさかいから主君を殺された権八が仇討ちをする姿を通して、封建制度の理不尽さを描いた。また、ラストシーンに「海ゆかば」を流して内田の戦争体験を反映させている[1]

作曲家の小杉太一郎が初めて映画音楽を手掛けた作品で、以降東映作品を中心に多くの映画音楽を手がけた。また、権八役の片岡千恵蔵の実子である植木基晴と植木千恵が子役として出演している。

あらすじ[編集]

仲間稼業の権八は東海道を、若様酒匂小十郎の槍持ちをつとめて、供の源太と江戸へ向った。同じ道を旅する一行は、小間物商人の伝次、身売りにゆく田舎娘おたねと老爺の与茂作、あんまの藪の市、巡礼、旅芸人のおすみ母子、挙動不審の藤三郎という男、最後に権八の槍に見とれた浮浪児の次郎等である。折柄、街道には大泥棒風の六右衛門詮議の触れ書が廻っているが、権八はそれ所ではない。朗らかで気立てが優しいが、酒乱癖のある若様を守って旅を終るのが主命である。供の源太が酒好きなので気が気ではない。一行は袋井に一宿したが、藤三郎が大金を持っているのに目をつけた伝次は、さては大泥棒とつけ廻すが、隣室で藪の市に肩を揉ませている巡礼こそ大泥棒六右衛門なのである。その夜、おすみの使を受けて権八も悪い気がせず外へ出ると、その隙に小十郎は源太を連れて酒を飲み始めたが、駈けつけた権八に制せられ事なきを得た。また旅が始まったが、大井川の近くで何処かの馬鹿殿様が始めた野立ての為通行止になり、大井川を前に長逗留となった。隙を狙って六右衛門は馬鹿殿の路銀を盗んだが、うっかりして顔を見知られた次郎に発見され、来合わせた権八の槍に怖気が出て簡単に縛についた。与茂作が女衒久兵衛におたねを渡して帰ろうとすると藤三郎に引留められた。五年前預けた娘を引取る為、稼ぎ貯めた金を持って来たのだが、娘は亡くなっていたのだ。小十郎は、素朴な人々を見て武士の世界に嫌気がさし、又源太と居酒屋に入った。権八の駈けつけた時は遅く、小十郎と源太は酔いどれ武士の手に無惨な最期を遂げていた。数日後、骨箱を抱えて国元へ出立する権八がいた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「映画の旅人」(朝日新聞2014年9月13日)によれば、満州満洲映画協会で「闇の王」だった甘粕正彦の最期を看取った内田の経験が重なっている。甘粕の葬儀でも「海ゆかば」が流されたという。

外部リンク[編集]