西河克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしかわ かつみ
西河 克己
本名 同じ
生年月日 (1918-07-01) 1918年7月1日
没年月日 (2010-04-06) 2010年4月6日(満91歳没)
出生地 日本の旗 日本鳥取県八頭郡智頭町
死没地 日本の旗 日本東京都
職業 映画監督
活動期間 1952年 - 2010年
配偶者 あり(1956年 - 2010年死去)
著名な家族 長女

西河 克己(にしかわ かつみ、1918年7月1日 - 2010年4月6日)は、日本映画監督[1]鳥取県出身[1]

経歴[編集]

西河が生まれたのは鳥取県東部の智頭町土師地区。父親の就職で一家が東京へ移るまで、4年余りをこの地で過ごした。小説家志望であったが、次善の途として映画監督を志し、松竹大船撮影所に監督助手として入社。当時は日本映画の第1期黄金時代ともいえる時代だった。

大学を卒業したのが日中戦争真っ只中であったため、松竹入社後1年を経ずして召集(結局2度応召した)されて旧満州ビルマへ出征、捕虜収容所生活も経験した。戦後復員して1946年(昭和21年)復職。原研吉渋谷実中村登らの名匠に師事し、1952年(昭和27年)助監督待遇のまま『伊豆の艶歌師』(主演:佐田啓二)を初監督。2本立て映画の1本、いわゆるシスター映画であった。典型的な「大船映画」を数本撮ったあと、1954年(昭和29年)の日活映画製作再開と同時に、日活と監督契約した。山本有三原作による社会派メロドラマ生きとし生けるもの』(主演:山村聰)を第1作に、日活での初期作としては『東京の人』(主演:月丘夢路)、『美しい庵主さん』(主演:小林旭)などがあるが、当然のように「大船色」が濃く、「日活っぽい」『俺の故郷は大西部』(主演:和田浩治、1960年)は西河作品としては逆に異色である。

「西河克己といえば吉永小百合もの」といわれるくらい、1960年代に入ると『若い人』(主演:石原裕次郎、吉永小百合)、『青い山脈』(主演:吉永小百合)、『伊豆の踊子』(主演:吉永小百合)、『エデンの海』(主演:高橋英樹和泉雅子)、『帰郷』(主演:吉永小百合)などの作品でその才能を遺憾なく発揮し、日本映画の全盛期を飾った。中でも『伊豆の踊子』、『絶唱』(主演:舟木一夫)はいずれもリメイク作品であるが、ともに前作を大きく上回ってヒットし、西河監督の地位を揺るぎのないものにした、まさに代表作といえる。日活がロマンポルノ路線に転換する以前、1969年(昭和44年)の『夜の牝 年上の女』(主演:野川由美子)を最後にテレビ界に籍を移す。その後、1974年(昭和49年)の『伊豆の踊子』(主演:山口百恵)のリメイクで映画界に復帰し、山口百恵・三浦友和の共演で『潮騒』(1975年)、『絶唱』(1975年)、『エデンの海』(1976年)のリメイク作品や、『春琴抄』(1976年)、『どんぐりっ子』(主演:森昌子、1976年)を監督した。

しかし、1983年(昭和58年)製作の『スパルタの海』(主演:伊東四朗)は公開直前に、映画の舞台となった戸塚ヨットスクール暴力事件で死亡事故が起こり、クランクアップ後にお蔵入り。その後、戸塚ヨットスクールを支援する団体が著作権を購入し、2005年(平成17年)9月にビデオ、DVDとして発売される。1984年(昭和59年)の劇画原作『生徒諸君!』(主演:小泉今日子)は動員割れ、1985年(昭和60年)の『ばあじんロード』(主演:松永麗子)は諸処の事情で劇場公開されなかった(後年TBSでテレビ放送。ビデオソフト化もされた)。

松竹から日活に移って、プログラムピクチャーを多く監督した1950年代 - 1960年代は、文芸・アクション・青春ドラマ・歌謡映画・メロドラマと多種多様のジャンルの広さで活躍。テレビ界に進出した1970年代前半を経た後、東宝映画にて映画界に戻り、ホリプロ(元会長:堀威夫)に吉永小百合作品を監督した経験から、山口百恵・三浦友和のゴールデンコンビで『伊豆の踊子』をリメイクする事になる。その後、『潮騒』『絶唱』『エデンの海』のリメイク作品や『春琴抄』を監督。その新鮮さと斬新な監督技法は、日本映画界の中でも歴史に残る作品であり、代表作にリメイク作品が多いというのも特色である。また、60歳を過ぎてからも森昌子、秋吉久美子、小泉今日子、松永麗子、富田靖子らの主演作を製作し、西河作品のスクリーンに「アイドル」を追いかける観客は2つの世代にわたることになった。

幼年時代を過ごした故郷への思い入れは深く、西河作品には鳥取県に関連したものが幾つか含まれる。『絶唱』は原作は松江だが、映画では鳥取砂丘と賀露港、そして智頭町が舞台に脚色されている。また『悲しき別れの歌』(1965年)、『夕笛』(1967年)、『残雪』(1968年)、『ザ・スパイダースのバリ島珍道中』(1968年)などの作品では智頭好夫の名前で脚本を書いている[2][3]

年譜[編集]

作品[編集]

監督[編集]

1940年
1951年
1952年
1953年
1955年
1956年
1957年
1958年
1959年
1960年
1961年
1962年
1963年
1964年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1983年
1984年
1985年
1989年
1992年

※「リメイク」とあっても前作映画をリメイクしているとは限らず、2度目、3度目の作品という意味

脚本[編集]

テレビ[編集]

著書[編集]

  • 『西河克己映画修業』権藤晋共著、ワイズ出版、1993年
  • 『「伊豆の踊子」物語』フィルムアート社、1994年
  • 『白いカラス 生き残った兵士の記録』光人社、1997年

出典[編集]

  1. ^ a b 西河克己 allcinema
  2. ^ "思い出語る関係者 西河克己監督死去 いつまでも愛した、ふるさと智頭" 朝日新聞鳥取版(2010年4月9日付け)
  3. ^ "青春映画の巨匠 西河克己記念館 鳥取県智頭 「絶唱」の甘い涙を思い出す 宿場町にロケの面影" 中国新聞(2001年12月4日朝刊)
  4. ^ “「伊豆の踊子」「潮騒」 映画監督・西河克己さん死去”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年4月7日). http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201004070482.html 2010年4月24日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『西河克己映画修行』西河克己、権藤晋・著(ワイズ出版)
  • 川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書2014年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]