川口敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわぐち あつこ
川口 敦子
本名 横森 敦子
生年月日 (1933-09-17) 1933年9月17日(85歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県長岡市
身長 164 cm[1]
職業 女優
ジャンル 演劇映画テレビドラマ
活動期間 1957年 -
配偶者 横森久
事務所 劇団俳優座

川口 敦子(かわぐち あつこ、1933年9月17日[1][2][3][4] - )は、日本女優。本名、横森 敦子[1][2][3][5]身長164cm体重48kgおとめ座[4]。夫は俳優横森久[2][5]

新潟県[1][3][4]長岡市出身[2][5]青山学院女子短期大学卒業[1][2][5][6]劇団俳優座所属[1][3][5]

来歴[編集]

1954年、短大卒業後に俳優座養成所に入団[2][5]。養成所時代『町人貴族』で初舞台[2]

1957年劇団俳優座に入団後は、『ハムレット』、『小市民』、『幽霊はここにいる』などの舞台に出演[2][5]

映画では、『からみ合い』(1962年)、『悪党』(1965年)、『竹山ひとり旅』(1977年)などに出演[2]

テレビドラマでは、NHKおはなはん』(1966年)や『安ベエの海』(1969年)などに出演[2]。『安ベエの海』当時の紹介記事では「古風な顔立ちのせいか、実年齢より年上の役が多い」と述べている[5]

1986年には紀伊國屋演劇賞を受賞した[7]

出演[編集]

演劇[編集]

  • ハムレット
  • 神の汚れた手
  • メアリー・スチュアート
  • マンザナ
  • わが町
  • カラマーゾフの兄弟
  • 国境のある家
  • リビエールの夏の祭り
  • きょうの雨あしたの風
  • この子たちの夏
  • 黄金色の夕暮
  • 三屋清左衛門残日録 - 夕映えの人
  • 樫の木坂四姉妹

映画[編集]

  • からみ合い(1962年、松竹) - 神尾真弓
  • 殺人鬼の誘惑(1963年、東映) - 谷京子
  • 甘い汗(1964年、東宝
  • 悪党(1965年、東宝)
  • 大菩薩峠(1966年、東宝) - お絹
  • 喜劇 仰げば尊し(1966年、東宝) - 黒川頼子
  • 殺人狂時代(1967年、東宝) - 小松弓江
  • かげろう(1969年、松竹) - マリ
  • 影の車(1970年、松竹)
  • 出所祝い(1971年、東宝) - 加代
  • 忍ぶ糸(1973年、東宝) - 咲枝
  • わが青春のとき(1975年、大映映画) - 寺崎夫人
  • 竹山ひとり旅(1977年、独立映画) - お時
  • 多羅尾伴内(1978年、東映) - 木俣ちか子
  • 土佐の一本釣り(1982年、松竹) - 多江
  • 遠野物語(1982年、日本ヘラルド映画) - 静
  • 愛情物語(1984年、東映) - 花屋の女主人
  • 玄海つれづれ節(1986年、東映) - 山岡依子
  • 上方苦界草紙(1991年、松竹)
  • KOYA澄賢房覚え書(1993年、ヒーロー)
  • アカシアの町(2000年、俳優座) - 園部千代子

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 一枚の写真CX
  • 日本一!! 長岡花火(1974年、BSN特別番組) - コメンテーター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑2017』 VIPタイムズ社、2017年、520頁。ISBN 978-4904674086
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優全集 女優編』 キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、207頁。
  3. ^ a b c d 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、274頁。
  4. ^ a b c 川口敦子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月6日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1969年9月30日付朝刊、9面。
  6. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.539
  7. ^ 俳優座連名・川口敦子

外部リンク[編集]