河野實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河野実から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野 實(こうの まこと、1941年(昭和16年)8月8日 - )は、日本ジャーナリスト。「愛と死をみつめて」の筆者でもある。

人物[編集]

大阪府大阪市生まれ。戦時中、長野県伊那市に疎開。長野県伊那北高等学校卒業後、浪人中に大阪大学医学部附属病院に入院。中央大学商学部中退。大学3年次の時に出版した実体験をもとにした「愛と死をみつめて」は150万部を超えるベストセラーとなった。

1965年(昭和40年)、ジャーナリストを目指して、東京写真専門学校報道写真科に入る。 その後、フリーカメラマン自動車専門誌記者を経て、1976年(昭和51年)、経済界 (出版社)に入社。副編集長、常務取締役出版局長、副社長を歴任。

1989年(平成元年)退社後、(株)マコ インターナショナルを設立。 ビジネスコンサルタント業務、経営コンサルタントに携わる。 講演、セミナー講師としても活躍中である。

家庭菜園に没頭し、神奈川県逗子市から千葉県千葉市に転居。