飛鳥裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あすか ゆうこ
飛鳥 裕子
本名 黒崎 裕子 (くろさき ゆうこ)
旧姓は奥村 (おくむら)
生年月日 (1955-07-26) 1955年7月26日
没年月日 (2011-12-15) 2011年12月15日(満56歳没)
出生地 京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
活動期間 1977年 - 1992年
主な作品
映画
夢野久作の少女地獄
テレビドラマ
超電子バイオマン

飛鳥 裕子(あすか ゆうこ、1955年7月26日 - 2011年12月15日?[1])は、日本女優京都府京都市出身[2]。本名は黒崎 裕子 (くろさき ゆうこ)、旧姓奥村 (おくむら)。

来歴・人物[編集]

子供の頃から京都の児童劇団に所属して活動[2]1960年に映画『切られ与三郎』で子役としてデビュー[2]園田学園高等学校卒業[2]。本名で東映映画に出演した後、日活ロマンポルノ大作「夢野久作の少女地獄」で飛鳥裕子の芸名を与えられ主演デビュー。この作こそ女子高生役であったが、硬質な美貌でクールな大人の女性役を得意とし、デビューからわずか2年半後、24歳のときの「少女縛り絵図」では高校受験生の息子を持つ母親役を助演している。幾度かの共演歴があった黒崎輝とは「バイオマン」での共演がきっかけとなり交際。黒崎は6歳年下であったが、交際は順調に進み後に結婚。

芸能界を引退後は沖縄県本部町にて、スクーバダイビングショップ「マザーアース沖縄」を夫婦で経営し、ショップのウェブサイト上では申込客とダイビングを楽しむ様子等も掲載され評判を得ていたが、2011年12月に飛鳥が死去したことが四十九日にあたる2012年2月1日JAC時代から黒崎と親交のあった柴原孝典のブログ[3]にて明らかになった。満56歳没。黒崎はこの件には触れず、ウェブサイトも飛鳥の名を消すことなく継続して掲載し「マザーアース沖縄」も運営続行されている。ブログ等も更新されている。

出演[編集]

映画[編集]

  • 大奥浮世風呂(1977年、東映
  • 北陸代理戦争(1977年、東映)
  • 夢野久作の少女地獄(1977年、日活) - 殿宮アイ子
  • 幻想夫人絵図(1977年、日活) - 朱実
  • 高校エマニエル 濡れた土曜日(1978、日活) - 小林祐子
  • 生贄の女たち(1978年、東映) - 有沢彩子
  • さすらいの恋人 眩暈(めまい)(1978年、日活) - 中宮千加
  • 透明人間 犯せ!(1978年、日活) - ビデ夫人
  • 肉の標的・奪う!(1979年、日活) - 池田沙智
  • エロス学園 発情時代(1979年、日活) - 矢野夫人
  • 看護婦日記 いたずらな指(1979年、にっかつ) - 枝川佐知子
  • 高校エロトピア 赤い制服(1979年、にっかつ) - 大野由紀子
  • 潮吹き海女(1979年、にっかつ) - 柿島ルミ
  • 宇能鴻一郎の濡れて開く(1979年、にっかつ) - OL
  • レイプショット 百恵の唇(1979年、にっかつ) - 早川牧子
  • 昼下りの女 挑発!!(1979年、にっかつ) - 勝子
  • 堕靡泥の星 美少女狩り(1979年、にっかつ) - 神納とき江
  • 宇能鴻一郎の濡れて悶える(1980年、にっかつ) - 人妻
  • 新入社員(秘)OL大奥物語(1980年、にっかつ) - 綾子
  • 単身赴任 新妻の秘密(1980年、にっかつ) - 秋田夫人
  • 昭和エロチカ 薔薇の貴婦人(1980年、にっかつ) - 若槻涼子
  • 団鬼六・少女縛り絵図(1980年、にっかつ) - 峰岸愛子
  • 魔界転生(1981年、東映) - 甲質 くの一
  • 刑事物語(1982年、東宝)
  • 劇場版 超電子バイオマン(1984年、東映) - ファラ
  • 女豹(1985年、にっかつ) - 卓也の母

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 詳しい没年月日は不明だが、四十九日から逆算した日付を記載
  2. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年1月14日号 p.36
  3. ^ http://moon.ap.teacup.com/applet/wild/20120201/archive

関連項目[編集]

外部リンク[編集]