ジョージ・A・ファーネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・A・ファーネス(George A. Furness, 1896年 - 1985年4月2日)は、アメリカ合衆国陸軍軍人弁護士。軍人としての最終階級は少佐東京裁判においては、重光葵の弁護人を務めた。

来歴[編集]

ニュージャージー州に生まれ、ハーバード大学を卒業後、ボストンで法律事務所を開業した。太平洋戦争勃発後の1942年に陸軍に召集され、法務関係の仕事に従事し、南西太平洋を転戦した。

戦後は、マニラで行われた本間雅晴田辺盛武中将軍事裁判の弁護を務め、東京裁判においては、高柳賢三と共に重光葵の弁護人となった。東京裁判で、ファーネスは同じく日本側の弁護人の1人である清瀬一郎ウィリアム・ウェブ裁判長の忌避動議を提出するよう示唆している。また管轄権動議では、裁判所の裁判官は戦勝国ではなく、中立国の代表が当たるべきだと主張した。重光の弁護では、自らアメリカ・イギリスに飛んで、緻密な証拠と情報を集めるだけでなく、重光が外交官として築き続けた信頼によって得た、連合国側から集まった重光を擁護する証言を駆使して、重光に有利な弁護活動を行った。元々ジョセフ・キーナン首席検事らも重光を戦犯として起訴する意思はなく、重光起訴は事実上ソ連の要求に連合国側が屈して行われたものであり、またファーネス・高柳の両弁護人の尽力もあって、重光に下された判決は禁固7年という、いわゆるA級戦犯の中では最も軽いものだった。その後、アメリカの占領政策の転換にともなう公職追放の解除を経て、重光は政界にも復帰している。

東京裁判の終了後は、ブレイクニーとともに、豊田副武海軍大将に対する裁判の弁護にあたり、豊田の無罪判決を勝ち取った。

その後は、日本に定住し、1950年には東京で法律事務所を開設した。

映画・テレビドラマへの出演[編集]

映画テレビドラマに興味を持っていたファーネスは、製作会社に談判し、日本の映画・テレビドラマ数作に俳優として出演している。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

参考文献[編集]

  • 東京裁判ハンドブック編集委員会『東京裁判ハンドブック』青木書店、1989年
  • 小林よしのり『いわゆるA級戦犯』幻冬舎、2006年